「アウトプット」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「アウトプット」とは?

「アウトプット」という言葉を知っているでしょうか。

すっかり世間一般的に使われるようになったカタカナ語のひとつです。

仕事のシーンで「アウトプットする」「アウトプットしないと意味がない」など、「アウトプット」という言葉は、頻繁に登場します。

仕事をしている人の多くは、「アウトプット」という言葉を使いこなしているでしょう。

もちろん、まだ「アウトプット」という言葉を知らない人もいるはずです。

そこで、カタカナ語「アウトプット」の意味を紹介します。

「アウトプット」の意味

「アウトプット」にはどのような意味があるでしょうか。

「アウトプット」には、いくつかの意味がありますので、それぞれの意味を紹介します。

「出力」

「アウトプット」のそもそもの意味は、パソコンなどを使う場面で、データを画面に表示したり、印刷したりする行為を指しました。

この場合はデータなどをパソコンに入力する時の「インプット(入力)」の反対語、「出力」という意味での「アウトプット」です。

仕事の結果

さらに、「アウトプット」には、仕事の成果や結果を意味する事があります。

仕事は一生懸命頑張ればいいというわけでなく、それなりの成果や結果を出す必要があります。

そのような目に見えるような成果や結果を、「アウトプット」と呼ぶ事があります。

頭の中の知識を外に出す

また「アウトプット」には、頭の中にあるものを、どのような形でもいいので外に出すという意味もあります。

例えば英語の勉強をしている人は、知識を仕入れるだけでなく、誰かに英語で話しかけてみたり、英文を書いてみた方が、知識が定着するとされています。

また絵画を鑑賞するだけでなく、自ら筆を取って書く事、クイズの問題に答える事など、すべて「アウトプット」と呼ばれます。

「アウトプット」の言葉の使い方

「アウトプット」には、様々な意味があります。

中でも、「頭の中にあるものを、外に出す」という意味で「アウトプット」という言葉を使う事が多いでしょう。

仕事の場面でも、アイデアを出したり、企画を提案する事が求められます。

このような時、「アウトプットしろ」と、自分なりの考えを外に発信する事が求められるでしょう。

同じように、誰かにもっと自分の考えを発信して欲しいと思った時も、「アウトプットして行こう」と呼びかけてみましょう。

「アウトプット」を使った例文

ビジネスシーンと、日常的なシーンにおける、「アウトプット」を使った例文を紹介します。

それぞれの例文を見て、この言葉の使い方を覚えて行きましょう。

「アウトプット」の例文1

「知識自慢のA課長が、B部長に叱責された。 『お前は誰かの意見に文句を言ってばかりだ。 お前自らアウトプットしろ』という理由だった」

この例文に登場するA課長のように、豊富な知識を建設的に使えない人がいます。

このような時に、誰かが「アウトプット」の重要性を諭す必要があるでしょう。

「アウトプット」の例文2

「英会話を勉強しているが、知識が身につかない。そこで観光地に出掛けて、積極的に英語圏の人に話しかけてみた。『アウトプット』したせいか、英会話の実力が上がったような気がする」

英会話の上達の秘訣は「アウトプット」する事だと言われています。

この例文に登場する人のように、英語圏の人と話す事が大切かもしれません。

「アウトプット」の英語

「アウトプット」を英語表記にすると、“output”になります。

“output”にはパソコン使用時の「出力する」などの意味があります。

カタカナ語の「アウトプット」にも、パソコン関連の出力の意味で使う事があります。

このように「アウトプット」という言葉には、もとになる英語がある事を知っておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典