スポンサーリンク

「アカウントBAN」と「永久BAN」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アカウントBAN」と「永久BAN」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アカウントBAN」「永久BAN」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アカウントBAN」とは?

「アカウントBAN」「垢バン(あかばん)」とも呼ばれ、「ウェブサービスの運営貨車にアカウント利用停止されること」という意味です。

「BAN」は英語で「禁止」という意味で、オンラインゲームなどで、他のユーザーに対して暴言を吐いたり、利用規約に違反した行為を何度も繰り返すなどで、運営会社から不正行為とみなされてアカウントを利用停止されることを言います。

特にオンラインゲームでは「非課金で課金アイテムを手入れる裏技」が流行っていますが、この様な行為を繰り返すと「アカウントBAN」の処分を受けます。

「永久BAN」とは?

「永久BAN」「アカウントBANされたにもかかわらず、新しいアカウントを作成して不正行為を繰り返し、永久に利用停止されること」という意味です。

運営会社から再三警告されても、不正行為を繰り返していると、生放送番組を強制終了させられます。

不正行為が発覚した時点で即番組は終了、他の配信者の放送に出演したいり、声だけで放送していても対象になります。

ただし、生放送することが禁止されるだけで、視聴はできます。

「アカウントBAN」と「永久BAN」の違い!

「アカウントBAN」「アカウント利用停止されること」です。

「永久BAN」「不正行為を繰り返し、永久に利用停止されること」です。

まとめ

今回は「アカウントBAN」「永久BAN」の違いをお伝えしました。

「アカウントBANは利用停止」「永久BANは永久に利用停止」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典