スポンサーリンク

「アクセントカラー」「セパレーションカラー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アクセントカラー」「セパレーションカラー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アクセントカラー」「セパレーションカラー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アクセントカラー」とは?

「アクセントカラー」とは、ファッション、インテリアで使う用語で、強調色という意味があります。

例えば上下の服の色合いを緑、黄緑といった組み合わせにしますと、調和はとれていても物足りないといった印象になります。

その際ベルトを目立つ赤にすると単調さがなくなり引き締まるといった効果があります。

このように強調させる、注目させるといった目的で使う色のことを「アクセントカラー」と言うのです。

「オフホワイトのスーツだから、アクセントカラーとしてピンクのシャツを選んだ」「アクセントカラーに黒を入れると大人っぽくなる」などと、使います。

「セパレーションカラー」とは?

「セパレーションカラー」とは、色と色の間に入れる色という意味があります。

似ている色と色の間に「セパレーションカラー」を入れることでメリハリをつけることができますし、逆に違い過ぎる色と色の間に入れれば違いを弱める効果もあります。

「セパレーションカラー」は一般的に白、黒、グレーなどがあります。

「赤と水色の間に白のセパレーションカラーを入れて落ち着かせる」「曖昧な印象なのでセパレーションカラーを黒にしてみた」などと、使います。

「アクセントカラー」「セパレーションカラー」の違い!

「アクセントカラー」「セパレーションカラー」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらもファッション、インテリアのカラーコーディネートを行う際に使われる言葉です。

「アクセントカラー」とは単調な配色に入れる目立つ色という意味になります。

一方「セパレーションカラー」とは色と色の間に入れる、白、黒、グレーなどどちらにも影響がない色という意味になります。

違いは「アクセントカラー」は目立つ色ですので何色でも「アクセントカラー」になるということでしょう。

「セパレーションカラー」は白、黒、グレーなどと覚えておいてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「アクセントカラー」「セパレーションカラー」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの特徴を理解して使い分けができるようになりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典