スポンサーリンク

「アコギ」と「エレアコ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アコギ」と「エレアコ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも「アコギ」「エレアコ」が何を示す言葉なのかさっぱり分からない人もいるに違いありません。

これらは、撥弦楽器のギターの種類です。

この記事では、「アコギ」「エレアコ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アコギ」とは?

これは、アコースティックギターの略です。

吉田拓郎さんなど、フォークソング世代の人たちが好んだギターと言えば分かりやすいでしょう。

ギター初心者が手にするのは圧倒的に「アコギ」のケースが多く、優しい音に惹かれる人は少なくありません。

素朴で優しい音色が特徴で、上達してからも敢えて「アコギ」にこだわる人もいます。

「エレアコ」とは?

これは、エレクトリック・アコースティック・ギターの略です。

エレキと呼ぶギターと「アコギ」の中間的存在で、 楽器としての機能は「アコギ」と同じ。

同じ音で演奏ができます。

「アコギ」と「エレアコ」の違い

一番分かりやすい違いは、アンプに繋げられるか否かです。

「アコギ」は繋げられませんが、「エレアコ」は繋げられます。

つまり、「エレアコ」「アコギ」のように素朴な生演奏も楽しめたり、加えてエレキのようにアンプに繋げて大音量で演奏に酔いしれたりもできます。

また、様々な音の加工で曲アレンジすることもできるのです。

まとめ

どちらを購入しようと迷っているなら、これからどのような演奏を楽しむ予定なのかを想像してみてください。

一人や少人数で演奏を楽しむだけなら「アコギ」

大勢の前で演奏したいという希望があるなら、「エレアコ」を選べば失敗はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典