「アコースティックギター」と「クラシックギター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「アコースティックギター」と「クラシックギター」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アコースティックギター」「クラシックギター」の違いを分かりやすく説明していきます。

「アコースティックギター」とは?

「アコースティックギター」とは、「電気出力するエレキギターではなく、楽器そのものから直接音声を出す古典的なギター(撥弦楽器・はつげんがっき)」のことを意味しています。

「アコースティックギター」は6本の固いスチール弦を持っていて、力強くてキラキラとした感じのかき鳴らす音を出すことができます。

「アコースティックギター」は幅広い色々なジャンルで演奏されますが、主にポップスの楽曲を弾き語りで弾くためのギターです。

「クラシックギター」とは?

「クラシックギター」とは、「電気出力するエレキギターではなく、6本の柔らかいナイロンやガットなどの弦が張られたクラシック曲を弾くための古典的なギター(撥弦楽器)」のことを意味しています。

「クラシックギター」はナイロンやガット、フロロカーボンなどで弦が張られているので、音質が柔らかくて音量が小さいという特徴を持っています。

「クラシックギター」はアドリブで自由に伴奏するのではなく、作曲家が意図したものを再現する正確な弾き方が基本になります。

「アコースティックギター」と「クラシックギター」の違い!

「アコースティックギター」「クラシックギター」の違いを、分かりやすく解説します。

「アコースティックギター」「スチール製の弦」が張られていて「硬質な音・力強い音(大きめの音)・キラキラした音」がしますが、「クラシックギター」「ナイロン製(ガット製)の弦」「柔らかい音・小さめの音」がする違いがあります。

「アコースティックギター」「ポップスの楽曲」をかき鳴らすようにして伴奏することが多く、「クラシックギター」「クラシックの楽曲」をソロギターで楽譜通りに正確に弾くことが多い違いもあります。

また「アコースティックギター」のほうが「クラシックギター」よりも、「ネック部分」が細くなっています。

まとめ

「アコースティックギター」「クラシックギター」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「アコースティックギター」とは「スチール弦が張られたエレキギターではない古典的なギター」を意味していて、「クラシックギター」「ナイロン弦(ガット弦)が張られたエレキギターではない古典的なギター」を意味している違いがあります。

「アコースティックギター」「クラシックギター」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典