スポンサーリンク

「アジェンダ」と「コミット」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アジェンダ」と「コミット」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社の上司から、聞きなれないカタカナ語を話されると、どんな意味があるのか戸惑ってしまいます。

この記事では、「アジェンダ」「コミット」の違いを分かりやすく説明していきます。

正しい意味をおさらいして、ビジネスを加速させていきましょう。

スポンサーリンク

「アジェンダ」とは?

アジェンダとは予定や計画、プランのこと。

スケジュールという意味で使われることもあります。

また議題やテーマという意味もあります。

ビジネスシーンで頻繁にもちいられる言葉です。

もともとアジェンダは、英語から来ている言葉。

英語の「agenda」には議題、日程、会議録という意味が込められています。

英語のアジェンダは、しだいに日本企業にも浸透するように。

話しやすく聞き取りやすいことから、最近では多くのビジネスシーンで重宝される言葉になっています。

「アジェンダシート」といえば、ミーティングの前に作っておく台本のこと。

何の会議をおこなうのか。

テーマや予定をあらかじめ決めておく用紙のことです。

そのため「明日のアジェンダを簡単にまとめておいて」と言われたら「会議がうまく進むように、大枠を決めておいて」の訳。

短い時間で打ち合わせができるように、議論すべき項目や予定を立てておくことです。

「コミット」とは?

コミットとは、約束や確約のこと。

ウソや偽りなく、たしかな約束をおこなうことです。

誠心誠意心をこめて、取り決めるときに用います。

最近のオフィスシーンでよく耳にする言葉です。

「コミット」も、もともとは英語から誕生した言葉。

英語の「commit」から生まれたものです。

ただ英語のコミットには、働く・作る・演じる・専念するなど、日本語とは少し違う意味があります。

日本のビジネスシーンでは「コミット」というと「約束する・誓う」という意味がメインで使われているので、留意しておくといいでしょう。

CMで耳にしたことのある「結果にコミットする」とは、「たしかな成果がでることを約束する」こと。

そのため「コミットします」「お約束します」の訳となります。

「フルコミット」で、全力で目標に向かうことを指します。

前向きな気持ちをあらわす言葉です。

「アジェンダ」と「コミット」の違い

どちらも会社でよく聞く、カタカナ言葉です。

「アジェンダ」「コミット」の違いを、分かりやすく解説します。

・アジェンダは計画表、コミットは約束
似たような単語ですが、アジェンダは計画表やスケジュール表のこと。

ミーティングや会議がスムーズに進むための進行表のことです。

そのためアジェンダシートには、会議の日付や開始時間、そして会議のテーマを記入します。

それに対してコミットとは、約束や責任のこと。

目標に向かって、力強く進んでいくことを指しています。

まとめ

「アジェンダ」「コミット」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも上司がよくつかう表現です。

アジェンダとは会議のプラン、進行表のこと。

話しあうテーマについて、あらかじめ集約したものです。

コミットは約束、責任のこと。

「約束します」という訳で使われます。

正しい語をおさえて、スキルアップに励んでいきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典