スポンサーリンク

「アスコン」と「アスファルト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アスコン」と「アスファルト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アスコン」「アスファルト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アスコン」とは?

「アスコン」とは、「硬度・密度が一般的なアスファルトよりも高めにつくられているアスファルトコンクリート・アスファルト混合物・アスファルト合材」のことを意味しています。

「アスコン」というのは、「道路のアスファルト舗装の表面に使用されている、アスファルトに粒砕石・砂などの骨材・フィラーを混ぜた複合材料」のことなのです。

「アスファルト」とは?

「アスファルト」とは、「石油を精製して採取された減圧重質油(ヨーロッパでビチューメンと呼ばれるもの)」を意味しています。

「アスファルト」というのは、「温度の変化で液体から固体、固体から液体に変化する性質を持つ、原油から精製される黒色(暗褐色)で重質の炭化水素類」なのです。

粘土の高いピッチ(液体)である「アスファルト」は、「道路舗装(アスコンに加工されることが多い)・防水剤」などの用途で使用されています。

「アスコン」と「アスファルト」の違い!

「アスコン」「アスファルト」の違いを、分かりやすく解説します。

「アスコン」「アスファルト」はどちらも「石油を原料として精製された道路舗装の用途に使われる黒色のもの」を意味していますが、「アスコン」のほうが「アスファルトよりも硬度・密度が高めにつくられている」という違いを指摘できます。

「アスファルト」というのは「石油を精製して採取された減圧重質油(ヨーロッパではビチューメン)」を意味していますが、「アスコン」のほうは「アスファルトに骨材・砂などを混合することで硬度・密度を高めた道路舗装用のアスファルトコンクリートの素材」を意味している違いがあるのです。

まとめ

「アスコン」「アスファルト」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「アスコン」とは「硬度・密度が高めにつくられているアスファルトコンクリート・アスファルト混合物」を意味していて、「アスファルト」「石油を精製して採取された減圧重質油・土瀝青(どれきせい)」を意味している違いがあります。

「アスコン」「アスファルト」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典