「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アフリカゾウ」「アジアゾウ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「アフリカゾウ」とは?

「アフリカゾウ」の意味と概要について紹介します。

「アフリカゾウ」の意味

「アフリカゾウ」「アフリカ大陸の、サハラ砂漠以南に生息している象のこと」です。

「アフリカゾウ」の概要

「アフリカゾウ」は、アフリカ大陸の、サハラ砂漠より南の地位に生息している象です。

高さは3メートルから4メートルと大型で、最も高い位置にあるのは肩の部分、体重も4トンから7トン程になります。

「アジアゾウ」よりも耳が大きいのが特徴で、鼻先にある突起も「アジアゾウ」が1つであるのに対して「アフリカゾウ」は2つあります。

象牙は、オスもメスも両方持っていますが、オスの方が大きくなります。

象の寿命は長く、「アフリカゾウ」は70年程で、「アジアゾウ」よりも若干長めになります。

「アジアゾウ」とは?

「アジアゾウ」の意味と概要について紹介します。

「アジアゾウ」の意味

「アジアゾウ」「南アジアから東南アジアの地域に生息している象のこと」です。

「アジアゾウ」の概要

「アジアゾウ」は、南アジアから東南アジアの地域に生息している象です。

高さは2メートルから3メートル程と、「アフリカゾウ」よりも小型で、最も高い部位は背中、体重は3トンから6トンです。

耳のも「アフリカゾウ」よりも小さく、鼻先の突起も上部に1つだけあります。

皮膚は比較的なめらかですが、体毛は「アフリカゾウ」よりも多くなります。

また、象牙はオスもメスも持っていますが、個体によっては持っていないこともあります。

「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違い!

「アフリカゾウ」「アフリカ大陸にいる象」です。

「アジアゾウ」「南アジアにいる象」です。

まとめ

今回は「アフリカゾウ」「アジアゾウ」の違いをお伝えしました。

「アフリカゾウは大型で耳が大きい」「アジアゾウは小型で耳が小さい」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典