スポンサーリンク

「アルミホイル」と「クッキングシート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アルミホイル」と「クッキングシート」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アルミホイル」「クッキングシート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アルミホイル」とは?

アルミニウムやアルミニウム合金でできた薄い箔で、JIS企画で制定されており、0. 2mm以下の厚さのものを指します。

食卓の中で使う消耗品としては熱に強いため、オーブントースターに敷いて油が熱源にこぼれるのを防いだり、汚れを防ぐ使いみちがあります。

オーブンレンジの調理でも使用が可能です。

電子レンジでは基本的には使えません。

ホイル焼きという料理もあり、こちらはフライパンの上にアルミホイルを敷き、水を少量入れた上で具材をその上で温める料理となっています。

蒸し焼きに近い料理スタイルで焦がす心配がないことやガスコンロ周りが汚れにくいという点が大きなメリットです。

英語ではaluminium foil となり、foilが箔という意味になっています。

カプセル状の薬を入れるケースのプラスチックではない破れる銀色の部分はアルミ箔です。

ホイルケーキというお菓子はアルミホイルに包まれたケーキということになります。

「クッキングシート」とは?

熱に強いシリコーン樹脂加工グラシン紙でできたシートで、テーブルに敷いてその上でクッキー生地を型抜きして、そこからオーブンレンジの天板に乗せる用途などがあります。

張り付きがないので、その上でオーブン調理をしたものを剥がしやすくなっている点や使い捨てができる取り回しの良さもメリットで、複数回使えるものもあります。

クッキングシートの耐熱性能を生かして蒸し料理も作ることが出来、クッキングシートをフライパンに敷いて具材を乗せて水を入れて弱火~中火で調理します。

また、電子レンジでもクッキングシートを使って蒸し料理を作ることが出来、多数のレシピが紹介されています。

オーブントースターでのクッキングシートの使用は安全のため20分以内とされていますが使用自体は可能です。

汚れを防ぐことを主な目的としてホットプレートの上に敷いて使うことも出来ます。

「アルミホイル」と「クッキングシート」の違い

「アルミホイル」「クッキングシート」の違いを、分かりやすく解説します。

「アルミホイル」は金属製の薄い箔で「クッキングシート」はシリコーン樹脂加工グラシン紙でできたシートです。

ともに蒸した料理をフライパンで作ることが出来、さらにクッキングシートでは電子レンジでも蒸した料理を作れます。

クッキー生地をオーブンで焼くというケースでは張り付きのなさなどの面でクッキングシートを使うほうが便利です。

オーブントースターで長時間熱を加える調理では耐熱性能の面からアルミホイルのほうが向いています。

また破りやすさ、切りやすさはアルミホイルのほうが上でお弁当の簡単な仕切りなどはアルミホイルが向いています。

まとめ

「アルミホイル」「クッキングシート」は素材が違い共通する用途もありますが、クッキングシートは電子レンジでも使える点がメリットです。

調理以外のジャンルでも薬の入れ物などでアルミホイルは幅広く使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典