スポンサーリンク

「アロケーション」と「ポートフォリオ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アロケーション」と「ポートフォリオ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「今ある貯金を増やしたい」「投資を始めたいけど少し不安」という人が、ぜひ知っておきたい「アロケーション」「ポートフォリオ」

この記事では、「アロケーション」「ポートフォリオ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アロケーション」とは?

「アロケーション」“Allocation”とは、割当や配分の意味を持つ言葉です。

運用を検討している人が、手持ちの資金をどのように分散して投資を行うかという場合に用います。

「アセット・アロケーション」という言葉で使われる頻度が高く、「資産配分」という意味になります。

「ポートフォリオ」とは?

「ポートフォリオ」“Portfolio”とは、組み合わせや内容の意味を持つ言葉です。

デザイナーなどが自身の作品をまとめたものも「ポートフォリオ」と呼びますが、「アロケーション」と対で考えるなら、金融業界で使われる意味が適切です。

投資している金融商品の内訳や組み合わせの内容という意味になります。

「アロケーション」と「ポートフォリオ」の違い

「アロケーション」は、100ある資産をどんな投資に分散したかを表す言葉であるのに対し、「ポートフォリオ」は、分散した投資の内訳を示す言葉です。

まとめ

「アセット・アロケーション」を行った結果として成り立つのが「ポートフォリオ」です。

リスクを避けるために適切な「アセット・アロケーション」を行った結果、納得のいく「ポートフォリオ」となれば、ためになる投資が叶います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典