スポンサーリンク

「アンリーズナブル」とは?意味や使い方、簡単に分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アンリーズナブル」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アンリーズナブル」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アンリーズナブル」とは?意味

英語ではunreasonableと書き、「合理的で納得できる価値」「適正」と言った意味を持つ「リーズナブル」ではない、高い、法外な値段、合理的ではないという意味合いの言葉です。

高価なものというニュアンスでも使えますが、高価でいいものという言葉は他にも多数あることもあり、高いものの見合った価値がないというニュアンスも含みます。

ただし、一見理屈にあわないという意味合いも含まれるため、裏返し的なポジティブな意味合いでも使うことができます。

「アンリーズナブル」の概要

リーズナブルという言葉は納得行く価格という意味合いから、高価ではないという意味合いを含んでいますが、ただ安いというのではないことから、値段をつけるメーカー側が使うこともできる言葉ですが、アンリーズナブルという言葉は安くないということを取り上げており、安くないことの大小である価値観などをあまり含んでいないこともあり、メーカー側が使うフレーズとはいい難い言葉です。

また、2021年現在ではそれほど幅広く使われていない言葉で、逆説的につけた作品タイトル、一見理屈にあわないという意味からとった団体名、高い買い物をしてしまったという時のフレーズとして使うこともあります。

非常にアンリーズナブルだった、アンリーズナブル過ぎる、ひどくアンリーズナブルなど強調して使うこともできる言葉で、仮定としての言葉や未来を指す言葉、過去の状況を指す言葉としても使うことができます。

「アンリーズナブル」の言葉の使い方や使われ方

高額な支払いをしてしまったことを含む「リーズナブルというには程遠いアンリーズナブルな店だった」高額な手段という意味合いの「アンリーズナブルな手段」一見理屈にあわないという「アンリーズナブルな考え方」などの使い方があります。

「今にして思えばアンリーズナブルな取引だった」という言葉では過去を振り返って不合理な支払いだったとを示すことが可能です。

「アンリーズナブル」の類語や言いかえ

「高額」「高い」「損に思った」などが言い換えに使え、とくにネガティブな部分が抽出されていると言えるでしょう。

「ぼったくり」という言葉までは進んでいない、あるいは普及していない言葉と言えます。

こちらはいい意味が含まれますが「ゴージャス」という言葉も言い換えに使えないことは有りません。

とは言え、「ゴージャスな内装」「アンリーズナブルな内装」では「ゴージャスな内装」のほうがイメージが良いと言えるでしょう。

まとめ

アンリーズナブルという言葉はリーズナブルの逆の意味の言葉ですが、リーズナブルほどには普及していない言葉です。

合理的ではなさそうに見える考え方といういい意味合いの近い方と割りに合わない高価であるという意味合いがありますが、どちらかと言うと高価という意味合いの方が多く使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典