スポンサーリンク

「アーリーリタイア」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アーリーリタイア」とは意味新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アーリーリタイア」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アーリーリタイア」の意味

定年退職前に引退すること。

「アーリーリタイア」の解説

「アーリーリタイア」「定年退職前に引退すること」です。

英語で「early retirement」と呼ばれ、日本語で「早期退職」とも言います。

一般の企業の定年は60歳~65歳なのですが、それよりも早く50代位で退職することを言い、中には30代で退職する人もいます。

退職後は完全に仕事を引退して、年金受給まで貯金を崩して暮らす人もいれば、「セミリタイヤ」としてパートや非正規雇用などで最低限の収入を確保しながら暮らす人もいます。

「アーリーリタイヤ」をすることで、仕事のストレスから完全に解放されて、自分の趣味を楽しんだり、田舎生活するなどのメリットがあります。

「アーリーリタイア」の使われ方

「アーリーリタイア」は、定年退職を待たずに退職する人に対して使われます。

転職ではなく、第一線からは完全に引退することを表します。

「〇〇部長はアーリーリタイヤでハワイに移住するそうだ」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典