スポンサーリンク

「イカ刺し」と「イカソーメン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イカ刺し」と「イカソーメン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「イカ刺し」「イカソーメン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「イカ刺し」とは?

「イカ刺し」「いかさし」と読みます。

意味は「新鮮なイカを刺身にして、醤油を付けて食べる料理のこと」です。

「イカ刺し」「イカの刺身」を略した言葉で、新鮮な生イカを細く切った料理です。

他の刺身のお造りと一緒に出されることも多く、好みによってしょうが醤油で食べる人もいます。

「イカ刺し」には高級なヤリイカが適していると言われ、こりこりした歯応えがして、食べるとほんのりと甘みが広がるのが特徴です。

イカは新鮮なうちならば、わた部分を塩辛やイカスミスパゲティーなどにして食べるなどの楽しみ方もあります。

「イカソーメン」とは?

「イカソーメン」は、「新鮮なイカを極細に切り、めんつゆを付けて食べる料理のこと」という意味です。

細く切ったイカにめんつゆをつけて、文字通り「そうめん」の様に食べることから名づけられました。

「イカ刺し」との違いは「切り方」だけですが、イカにはアニサキスが付いていることがあり、うっかり食べると酷い腹痛を起こしますので、なるべく細く切った方が対策になると言われています。

「イカソーメン」には新鮮なスルメイカが適しているといわれています。

「イカ刺し」と「イカソーメン」の違い!

「イカ刺し」「新鮮なイカを刺身にして、醤油を付けて食べる料理のこと」です。

「イカソーメン」「新鮮なイカを極細に切り、めんつゆを付けて食べる料理のこと」です。

まとめ

今回は「イカ刺し」「イカソーメン」の違いをお伝えしました。

「イカ刺し」「イカを切って醤油を付けて食べる」「イカソーメン」「イカを極細に切ってめんつゆをつけて食べる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典