スポンサーリンク

「イクラ」と「筋子」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イクラ」と「筋子」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「イクラ」「筋子」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「イクラ」とは?

「イクラ」とは、「サケの筋子から卵巣膜の部分を取り除いて、成熟した卵を一粒ずつの状態に選り分けたもの」のことです。

「イクラ」「プチプチした弾力のある食感」があり、「塩漬け・醤油漬け」にしたものが販売されています。

「イクラ」は元々は日本語ではなく、「魚卵・小さな粒」を意味するロシア語に由来しています。

「筋子」とは?

「筋子(すじこ)」とは、「サケ科魚類の卵巣に入ったままの未成熟な卵」「卵巣に入った卵の塩蔵加工品」のことを意味しています。

「筋子」「イクラのような一粒ずつがバラバラになった状態」ではなく、「卵巣膜に卵がつながった状態」になっているので、「プチプチした食感」は弱めになっています。

「筋子」「塩漬け・醤油漬け・粕漬け」にして食べられています。

「イクラ」と「筋子」の違い!

「イクラ」「筋子」の違いを、分かりやすく解説します。

「イクラ」「筋子」はどちらも「サケ科魚類の卵」を意味していますが、「イクラ」というのは「主にサケ(鮭)の成熟した卵を一粒ずつより分けたもの」であり、「筋子」のほうは「サケ科魚類の未成熟な卵およびその塩蔵加工品」のことを意味している違いがあります。

また「イクラ」「筋子」よりも「卵が成熟していてサイズが大きい・プチプチとした食感がある・価格が高い」という違いも指摘できます。

まとめ

「イクラ」「筋子」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「イクラ」とは「サケの筋子から卵巣膜を取り除いて、成熟した卵を一粒ずつの状態に分けたもの」を意味していて、「筋子」「サケ科の魚の卵巣に入ったままの未成熟な卵やその卵の塩蔵加工品」を意味している違いがあります。

「イクラ」「筋子」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典