スポンサーリンク

「イノシシ」と「イノブタ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イノシシ」と「イノブタ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

野生生物は色々な種族があり知らない動物も多いのですが、比較的田舎などでも遭遇しやすいものには「イノシシ」「イノブタ」があります。

外見は非常に似ているこの2種ですが、実は生態や行動は違うことが分かっています。

この記事では、「イノシシ」「イノブタ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「イノシシ」とは?

「イノシシ」はイノシシ亜目イノシシ科イノシシ属に属しており、突進力を持っていることで有名です。

身体は大人になると体調100cm以上にもなり体重は50㎏から100㎏にもなるため、その突進力は凄まじいものとなります。

イノシシはこの突進力が有名ですが、外見的な特徴としては頑丈な鼻がありこれも合わさって突進力の威力が高いのが特徴です。

「イノシシ」はこの大きな鼻を使っての探索が非常に得意であり、その分視覚が弱いために真っ直ぐに突進する生態になっています。

このことから「猪突猛進」という四字熟語が生まれたのですが、実際の「イノシシ」は獰猛ではなく比較的大人しく頭脳も高いことが知られています。

「イノシシ」の子どもは通称「うりぼう」と呼ばれており、外見は可愛らしい姿として人気があります。

「イノブタ」とは?

「イノブタ」とはウシ目イノシシ科イノシシ属に属しており、これは「イノシシ」「ブタ」が交配した結果誕生した種族です。

「イノブタ」は野性の「ブタ」と交配することも稀にありますが、それ以上に人間が家畜として飼っていた「ブタ」が逃げだした結果交配して誕生するケースの方が多いと言われています。

実は「ブタ」「イノシシ」を人間が家畜化したことから生まれた種族であり、どちらもほとんど同じ種族なのでこの2つが交配した「イノブタ」もほぼ同じ種族なのです。

「イノブタ」は野性的に発生したものが多いのですが、中には人間が人工的に交配させて食用として飼うこともあります。

「イノシシ」と「イノブタ」の違い

「イノシシ」「イノブタ」は種族的に見てもほぼ同じ生物であり、外見も似通っているので見分けるのが難しいとされています。

どちらも基本的に草食であり、「猪突猛進」と呼ばれる攻撃的な突進することで有名です。

この2種類の動物の決定的な違いは繁殖の仕方にあり、「イノシシ」は基本的に1年に1回の繁殖するのですが「イノブタ」は1年に何度も?殖することが可能であり、その繁殖力は凄まじいものとなっています。

「イノシシ」の例文

・『そのイノシシの突進は凄まじいものがあり、猟師は吹き飛ばされた』

・『イノシシは十二支にも選ばれており、一部では神聖視されている動物なのだ』

「イノブタ」の例文

・『最近市内の山で多くのイノブタが発見された』

・『イノブタによって畑が荒らされたこともあり、今年のスイカの収穫量は大分減ってしまった』

まとめ

「イノシシ」「イノブタ」は種族的にもほぼ同じものであり、外見も似ています。

相違点としては?殖期の長さであり、「イノブタ」は年中繁殖することが可能となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典