スポンサーリンク

「イベント」と「祭り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イベント」と「祭り」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

催し物をあらわす言葉は、いくつかあります。

この記事では、「イベント」「祭り」の違いを分かりやすく説明していきます。

気になる行事を、豊かに学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「イベント」とは?

イベントとは、多くのお客さんが集まる催し物のこと。

世界のグルメを楽しむフードフェスや、スポーツ体験ができるアクティビティも「イベント」に含まれます。

陶器の見本市や、絵画の展示会など「非日常の遊びや学びができるもの」をイベントと呼んでいます。

イベントが開催されると、それを目当てに多くのお客さんが集まります。

するとイベント会場で販売しているグルメやお土産が、瞬く間に売れるようになります。

1度にたくさんの人を集めて「お金の流れを動かしていく」のもイベントの魅力です。

最近ではイベントの企画や運営をおこなう「イベントプランナー」という仕事も注目されています。

多くの人を集めるために効果的に宣伝をうったり、出店してほしい店舗に打診をおこなったりします。

色々な世代の人に感動を与えるもの、それがイベントです。

「祭り」とは?

祭りとは、祭祀のこと。

地域の神さまや仏さまに対して、感謝の気持ちをつたえる儀式のことです。

祭りの季節になると、街が一気に活気づいて賑やかになります。

祭りの日になると、ねじり鉢巻きとはっぴを身に付けてお神輿をかつぎます。

「わっしょいわっしょい」と掛け声をあげながら、元気いっぱいにお祭りを盛りあげます。

ちなみにお神輿とは、神さまの車のこと。

お神輿で街を練り歩くと、穢れがなくなり街全体が清らかになるといわれています。

日本には大阪のだんじり祭り、高知のよさこい祭り、青森のねぶた祭りなど、世界にほこれる祭りがいっぱいあります。

大きな声を出し合い、地域の方と協力して盛り上げるお祭りは、生きるエネルギーを生み出してくれる大切な神事です。

「イベント」と「祭り」の違い

どちらも行事のひとつです。

「イベント」「祭り」の違いを、分かりやすく解説します。

・昔から催されているのが「祭り」
多くの人で大混雑する「イベント」「祭り」

どちらも人気の行事です。

その違いは歴史と伝統があるか、ないかというもの。

イベントは多くが単発でおこなわれるものです。

イベントプランナーによって企画が練られ、大抵は1回きりで終了します。

それに対するお祭りは江戸時代から毎年続けられてきた、歴史と伝統があるものです。

笛や太鼓、神輿や浴衣など「お祭りならではの和風アイテム」も登場します。

また「祭り」は地域の神さまに感謝の気持ちを伝える神事。

イベントにはそのような宗教的な目的はありません。

エンターテイメント性が高いのがイベント。

神事にゆかりがあるのが祭りです。

まとめ

「イベント」「祭り」の違いを分かりやすくお伝えしました。

イベントはスポーツ大会やグルメフェスのように、個性ゆたかなプログラムを楽しむための催し物のこと。

対する祭りは地域の神さまを崇める、歴史ある神事を指します。

どちらも多くの人で賑わう、盛り上がる行事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典