スポンサーリンク

「イヤーカフ」と「イヤリング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イヤーカフ」と「イヤリング」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「イヤーカフ」「イヤリング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「イヤーカフ」とは?

耳につけるアクセサリーのことです。

このアクセサリーは、耳を挟んだり、耳に引っかけるように装着します。

穴を開ける必要はありません。

耳といっても、耳垂、耳輪、ダーウィン結節など名称がありますが、「イヤーカフ」は、耳たぶ、耳の上部、耳の穴の近く、耳の中央など、さまざまな部位に取り付けられます。

形はさまざまで、リング型、クリップ型、フック型、チェーン型などがあります。

小ぶりなものから大ぶりなものまで、大きさもさまざまです。

耳を覆うような形のものもあります。

耳に穴を開けることなくつけられる、耳が痛くなりにくい、耳のさまざまな部位につけられる、大ぶりなものもあるといったことが魅力です。

「イヤーカフ」の使い方

耳に取り付けるアクセサリーを指して使用する言葉です。

穴を開けずにつけるものをいいます。

「イヤリング」とは?

耳につけるアクセサリーのことです。

「リング」は、輪や輪のような形をしたものを指しますが、「イヤリング」は輪の形になっていないものもあります。

この言葉は、本来は耳に穴をあけて取りつけるものも、穴を開けずに取りつけるものも指しているのですが、日本では穴を開けずにつけるものをこの名で呼んでいます。

取り付ける位置は耳たぶです。

耳たぶを挟むように取りつけます。

挟み方はいくつかあり、ネジをまわしてとめるもの、バネになっているもの、クリップになっているもの、磁石で挟むものなどがあります。

耳を挟むため、飾りが大きなものだと重力の影響で耳が下に引っ張られます。

それによって、耳から外れてしまったり、耳が痛くなったりすることがあります。

「イヤリング」の使い方

耳につけるアクセサリーを指して使用する言葉です。

日本では耳に穴を開けないタイプをいいます。

「イヤーカフ」と「イヤリング」の違い

耳につけるアクセサリー、耳に穴を開けないという点では同じなのですが、両者は区別されています。

「イヤーカフ」は、耳の穴の近く、耳の上部、耳たぶなど、さまざまな部位に取り付けることができます。

耳にかける、耳を挟むなどをして取りつけます。

サイズは小さなものから大きなものまであります。

「イヤリング」は耳たぶに取り付けます。

つけ方は耳たぶを挟む方法です。

「イヤーカフ」の例文

・『イヤーカフをプレゼントしてくれた』
・『かわいいデザインのイヤーカフ』
・『つけていたイヤーカフを褒められた』
・『イヤーカフを1万円で購入する』

「イヤリング」の例文

・『イヤリングをなくしてしまった』
・『おしゃれなイヤリング』
・『新しいイヤリングが欲しい』
・『パールを使ったイヤリング』

まとめ

耳に取り付けるアクセサリー、耳に穴を開けないという点が共通していますが、両者には取りつける位置や取り付け方に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典