スポンサーリンク

「インナーマッスル」と「体幹」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「インナーマッスル」と「体幹」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

体を鍛えている人なら、「インナーマッスル」「体幹」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

この記事では、「インナーマッスル」「体幹」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「インナーマッスル」とは?

「インナーマッスル」とは、体の深い部分にある筋肉のことです。

深い部分にあるため、体の外側から手で触れることが難しいです。

「インナーマッスル」に対するものがアウターマッスルです。

アウターマッスルは表層にある手で触れることができる筋肉のことです。

「インナーマッスル」は筋肉が存在する部位が浅い・深いに関することなので、下肢や上肢にも存在しています。

主な「インナーマッスル」は、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群などです。

「体幹」とは?

「体幹」とは、体の幹、つまり胴体のことです。

腕や脚をどんなに鍛えても、幹の部分がしっかりしていないとグラグラしてしまいます。

体は全体がつながっていて、腕や脚などを効率的に使うためには「体幹」を安定させることが重要だと注目されるようになりました。

お腹の内臓がつまった部分を囲む腹腔を「体幹」ということもあります。

腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群、横隔膜によって腹腔が囲まれています。

「インナーマッスル」と「体幹」の違い

「インナーマッスル」は、体の深い部分にある筋肉のことで、体の中心、腕、脚などに存在しています。

「体幹」は体の幹にあたる胴体のことです。

まとめ

「インナーマッスル」は胴体部分にも存在していますが、「インナーマッスル」「体幹」は別のものを指しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典