スポンサーリンク

「ウィズコロナ」と「アフターコロナ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ウィズコロナ」と「アフターコロナ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ウィズコロナ」「アフターコロナ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ウィズコロナ」とは?

「ウィズコロナ」とは、新型コロナウイルスとの共存、共生といった意味を持つ俗語、流行語です。

少なくとも、短期的に撲滅させることは難しいということが前提にあり、これまでとは違う生活様式で生きていくといった意味合いがあります。

「アフターコロナ」とは?

「アフターコロナ」とは、ワクチンなどである程度、コロナ禍が落ち着いた状況といった意味になります。

2021年1月現在の日本においては「アフターコロナ」とは言えない状況ですが「アフターコロナ」に向けて仕事や生活の仕方など考えていく時期にあるでしょう。

「ウィズコロナ」と「アフターコロナ」の違い!

「ウィズコロナ」「アフターコロナ」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも新型コロナウイルス感染拡大を受け、できた新しい言葉です。

「ウィズコロナ」とは、ワクチンや特効薬などがない状況の中、感染拡大を防ぎながらコロナウイルスと共に生きていくという意味になります。

一方「アフターコロナ」とはワクチンや薬などができて、ある程度コロナ禍が落ち着いた状況という意味になります。

つまり現在の日本においては、現状は「ウィズコロナ」であり、「アフターコロナ」の状態にはなっていません。

しかし「アフターコロナ」の世の中のことを考えて、備えていく時期にあるわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ウィズコロナ」「アフターコロナ」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも2020年にできた新しい言葉です。

意味が違いますので、正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典