スポンサーリンク

「ウォーターサーバー」と「ウォータークーラー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ウォーターサーバー」と「ウォータークーラー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自宅で手軽に美味しい水を飲もうとネットで調べると、「ウォーターサーバー」「ウォータークーラー」という名前を見掛ける事が多いです。

ですがこの2つの違いは何かと言うと、ピンと来ない人が少なくありません。

今回は「ウォーターサーバー」「ウォータークーラー」の違いを、分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

「ウォーターサーバー」とは?

「ウォーターサーバー」とは、ミネラルウォーターのボトルを本体にセットする事で、何時でも冷水と温水が利用出来る様になる電気製品です。

専用のボトルに入った有料のミネラルウォーターを配達して貰って、使用するのが基本となっています。

「ウォータークーラー」とは?

「ウォータークーラー」は、別名で冷水機と呼ばれる事でも分かる様に、飲料水を冷やして供給する電気製品です。

水道管と「ウォータークーラー」を直に接続するので、水の入れ替えや交換が不要で常に冷たい水を飲む事が出来ます。

「ウォーターサーバー」と「ウォータークーラー」の違い

「ウォーターサーバー」「ウォータークーラー」の違いを分かりやすく解説すると、構造が大きく違う事です。

「ウォーターサーバー」は水が入った専用ボトルをセットして冷水や温水を使用するのに対し、「ウォータークーラー」は水道水に直結する事で冷水を飲む事が出来ます。

まとめ

「ウォーターサーバー」は、水入りの専用ボトルをセットする事で冷水や温水を利用出来る電気製品です。

対する「ウォータークーラー」は、水道管に繋げて水道水を冷やす事で冷水が飲める電気製品となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典