「エモーショナル」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「エモーショナル」

エモーショナルはなんとなく聞いたことがある人もいますが、しっかりとした意味を知っている人はどれだけいるでしょうか?なんとなくこんな意味っぽいで使っている人も多いでしょう。

この言葉は音楽や芸術のニュースでよくみかけますよね。

なんとなく知っているだけでは、間違っている可能性があるので、意味をしっかりと覚えておきましょう。

「エモーショナル」の意味

エモーショナルの意味は「感情的・情緒的なさま」というような意味になります。

これでは少し難しくて分かりにくい人もいますね。

簡単に言うと感情がこもっており、人の心に深く感じるようになるさまのことです。

心に深く気持ちが伝わってくるそんな意味で使われます。

意味からも分かるように音楽や芸術で使われそうですね。

エモーショナルといわれたらとても良い意味で使われるのですよ。

また、エモーショナルと言うと少しかっこよく聞こえますよね。

普段の会話では使われることはあまりないでしょうが、音楽や芸術なら使うことが多そうです。

「エモーショナル」の言葉の使い方

使い方は音楽や芸術を表現するときに使うことが多いですね。

また、最近ネットで流行っている言葉に「エモい」がありますが、これは「エモーショナル」「エモーション」といった感情的を意味する言葉が日本語の形容詞化した言葉です。

何故エモいというようになったのかというと、エモーショナルが長いというのもありますが、ツイッターなどで良く使われており、文字数が限られた中で文章を書かなければいけないので、省略するようになったのでしょう。

「エモーショナル」を使った例文・短文(解釈)

エモーショナルといっても使い方が難しいので、使いにくいという人が多いです。

では、いくつか紹介するので参考にしてください。

「エモーショナル」の例文1

「いつも以上にエモーショナルな演奏だった」

これは、いつも以上に感情がこもっており、人の心に深く感じるという意味なので、とてもすばらしい演奏だったという意味です。

さらにいつも以上ということは、前よりももっと良い演奏だったということなので、とても良い意味ですね。

「エモーショナル」の例文2

「エモーショナルな表現が必要だ」

エモーショナルな表現というのはもっと感情がこもっていて、人の心に深く感じるような表現が必要という意味なので、もう少し気持ちが伝わるようにしなければいけないという意味です。

これも音楽か芸術で使う表現なので、覚えておきましょう。

「エモーショナル」の例文3

「彼女の書く曲の歌詞はとてもエモーショナルなので好きだ」

これは彼女の書く曲の歌詞は感情がこもっており、人の心に深く感じるという意味なので、とても良い歌詞ということですね。

歌詞を書く方としてはこのように言われたらうれしいと思います。

このように、音楽の曲や歌詞などでも使う表現になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典