スポンサーリンク

「エンゼル」と「エンジェル」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「エンゼル」と「エンジェル」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「エンゼル」「エンジェル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エンゼル」とは?

「エンゼル」には2つの意味があります。

一つは、天使、天使のような人です。

天使とは、ユダヤ教やキリスト教などの聖典や伝承に登場する神の使いです。

一般的には、人間に翼が生えたような姿で描かれています。

翼を持たない形で描かれたり、翼を複数持つ形で描かれたりすることもありました。

天使には、熾天使、智天使、大天使などの階級があります。

天使は人間を助けてくれるといわれていますが、助けてくれるのは大天使です。

大天使にもいろいろなものがいます。

たとえば、ミカエル、ラファエル、ガブリエル、ウリエルなどです。

天使は人間のように損得勘定で動きません。

困っている人がおり、助けを求めているなら手を差し伸べてくれます。

このような人を指して「エンゼル」ということもあります。

「エンゼル」のもう一つの意味は、起業家に資金を投資する個人投資家です。

投資先が大きな利益を上げれば、個人投資家が利益を受け取ることができます。

たんに資金を提供しているだけではなく、自身が利益を得られるというメリットがあるのです。

「エンゼル」の使い方

天使のことを指して使う場合が多いです。

森永製菓では、天使の形のマークを使用しています。

このマークは「エンゼル」と呼ばれています。

「エンジェル」とは?

天使や天使のような人のことです。

天使は、ユダヤ教やキリスト教などの聖典や伝承に登場をする存在です。

日本の神話には、このような存在は登場しません。

また、仏教の経典にも登場しません。

人間に翼が生えたような形で描かれることが多いです。

この翼で空を飛ぶと考えられていますが、実際には翼を使って空を飛んでいるのではないようです。

天使は翼があるものだと人間が思っているので、天使だとわかるようにそのような形をとっているようです。

天使は人間にいじわるをしません。

自分だけのことを考えて行動することもありません。

こういった特徴のある人のことを天使といったりすることもあります。

「エンジェル」の使い方

天使を指して使用する言葉です。

「エンゼル」と「エンジェル」の違い

どちらも同じものを指しています。

しかし、「エンゼル」には起業家に投資をする個人投資家の意味がありますが、「エンジェル」にはこの意味がない点が違います。

森永製菓の天使のマークは「エンジェル」ではなく「エンゼル」といいます。

「エンゼル」の例文

・『エンゼルマークを集める』
・『エンゼルの姿を描く』
・『エンゼルを見たと子どもが話していた』
・『エンゼルと呼んでいる』

「エンジェル」の例文

・『エンジェルを見た気がする』
・『エンジェルに助けを求める』
・『エンジェルグッズを集めている』
・『教会に描かれたエンジェル』

まとめ

どちらの言葉もユダヤ教やキリスト教などの聖典や伝承に登場する存在を指しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典