スポンサーリンク

「オタク」と「ファン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オタク」と「ファン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オタク」「ファン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オタク」とは?

「オタク」の意味と概要について紹介します。

「オタク」の意味

「オタク」「あることに異様なほど熱中していること、またはその様な人」という意味です。

「オタク」の概要

「オタク」は、あることに並み外れた度合で愛情や熱意を注いでいる人のことを言います。

その対象となるのは「アイドル」「アニメ」「鉄道」「ゲーム」など、趣味の分野が多くなります。

一つのものごとに熱中して、普通は知らない様な情報を知っていたり、大金をかけて関連商品を集めることもあります。

「オタク」は1970年代に生まれた俗語で、アニメやゲームなどの愛好者が出会った時に、名前を呼ばずに「お宅は」などと話したことに由来しています。

80年代では「オタク」というと「変人」「猟奇的」「変質者」という悪いイメージが多かったのですが、現在では社会生活をきちんと営み、プライベートで没頭するものごとがあるという、ポジティブなイメージもあります。

「ファン」とは?

「ファン」の意味と概要について紹介します。

「ファン」の意味

「ファン」「スポーツや芸能人などの、熱心な支持者のこと」です。

「ファン」の概要

「ファン」は、スポーツ選手やチーム、芸能人などの熱心な支持者のことを言います。

「ファン」は英語の“fanatic”(ファナティック)」を省略した言葉で、「熱狂的な」という意味です。

日本では「映画ファン」「サッカーファン」「ラグビーファン」など、何か活動する人を支持したり応援する人に対して使われます。

「オタク」よりも熱中度は低いイメージですが、本当に好きな人は「熱狂的なファン」と言います。

「オタク」と「ファン」の違い!

「オタク」「一つのことに異様なほど熱中する人」です。

「ファン」「スポーツや芸能などの活動を応援する人」です。

まとめ

今回は「オタク」「ファン」の違いをお伝えしました。

「オタクは過度に熱中する」「ファンは夢中になり応援する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典