スポンサーリンク

「オモチャ扱い」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オモチャ扱い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オモチャ扱い」の意味を分かりやすく説明していきます。

知らない単語を、今すぐ自分の言葉にしていきましょう。

スポンサーリンク

「オモチャ扱い」とは?意味

オモチャ扱いとは、まるで自分のお気に入りのオモチャのように、もてあそぶこと。

まじめに取り扱わないで、ふざけることです。

面白半分でたわむれている人、そうした様子をなじる言い回しです。

「オモチャ扱い」には「オモチャ」「扱い」という言葉が組み合わさって作られています。

オモチャとは小さな子が遊ぶ、ぬいぐるみや人形のこと。

また「扱い」「応対・やり方」を表現しています。

つまり「ぬいぐるみのように、キャッキャッと戯れること」そして「自分勝手にふりまわすこと」がオモチャ扱いです。

気軽に使われている言葉ですが、否定的なニュアンスも含まれています。

そのため使い方には、注意しておきましょう。

「オモチャ扱い」の概要

オモチャ扱いは小さな子が、ペットの犬や猫をぬいぐるみのように、もてあそんでいるシーンで使われます。

ヒゲを引っ張ったり耳をつねったり、ひとつの命として大切にしていないことを、たしなめるフレーズです。

「そんなオモチャ扱いしたら、猫ちゃんがかわいそうだよ」などと用います。

また「いい加減にあつかう・遊び道具にする」というマイナスの意味でも「オモチャ扱い」は用いられます。

こちらは「男性が女性を商品のように扱う」という訳になります。

みだらなシーンで用いられるので、使い方には気を付けておきましょう。

「オモチャ扱い」の言葉の使い方や使われ方

「オモチャ扱い」はこのように用います。

・『うちのチビたちがお宅のワンちゃんを、オモチャ扱いしてごめんなさい』
・『アルバイト先でオモチャ扱いをされて、プライドが傷つけられた』
・『近所の子どもたちが、川で釣ったザリガニをオモチャ扱いしていた』
オモチャ扱いは、動物や生き物をぬいぐるみのように扱うこと。

自分勝手にあつかうことです。

そのため小さな子が乱暴に生き物をもてあそんでいるとき、人間関係でひどい扱いを受けたときに使います。

「オモチャ扱い」の類語や言いかえ

「オモチャ扱い」と同じような言葉に、次の言い回しもあります。

・オモチャにされる
・いじられる
・おちょくられる
・軽んじられる
オモチャにされるとは、こちらの気持ちを考えずに、身勝手な振る舞いをされること。

そして「いじられる」とは、笑い者にされること。

その場のリアクションを楽しむために、遊ばれることです。

このほか、いい加減にあつかう、バカにされる、軽んじられるなどの言葉があります。

まとめ

「オモチャ扱い」の意味や使い方をおさらいしました。

「オモチャ扱い」とは、ぬいぐるみのように粗雑にあつかうこと。

小さな子が生き物をぞんざいに触っているとき、たしなめる言葉として使われます。

また人から不当な扱いを受けたとき、嫌な思いをしたときにも利用されます。

使い方に留意しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典