「オンマ」と「オモニ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オンマ」と「オモニ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オンマ」「オモニ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オンマ」とは?

「オンマ」とは、韓国語で「お母さん・ママ」を意味している言葉です。

「オンマ」の韓国語としての読み方の正しい表記は「オムマ」ですが、日本人には「オンマ」と聞こえます。

「オンマ」は韓国語では「子供がお母さんを呼ぶ時の言葉」として使われることが多く、大人が使うと子供っぽい未熟な印象になります。

「オンマ」は日本語では「母・母さん」のような大人っぽい言い方ではなく、「ママ」に近いニュアンスになります。

「オンマ」と同じく「パパ」のニュアンスを持つ韓国語として、「アッパ」があります。

「オモニ」とは?

「オモニ」とは、韓国語で「お母さん・母(母親)」を意味している言葉です。

「オモニ」「お母さん・母親」を意味する一般的な名詞なので、年齢・世代・立場を問わず誰でも使うことができる(使っても違和感のない)言葉です。

「オンマ」よりも丁寧な尊敬語として、「オモニム(お母様)」という名詞もあります。

また「オモニ」と同じく一般的に「お父さん・父」を意味する言葉として、「アボジ」があります。

「オンマ」と「オモニ」の違い!

「オンマ」「オモニ」の違いを、分かりやすく解説します。

「オンマ」「オモニ」もどちらも「母親」を意味しているという点では共通していますが、「オンマ」のほうが「オモニ」よりも子供っぽくて幼いイメージを持っている言葉であるという違いがあります。

「オンマ」は主に「子供が母親を呼ぶときに使われる言葉・ママのニュアンスがある言葉」であり、「オモニ」のほうは「どの年齢・世代の人でも違和感なく使うことができる母親・お母さんを意味する言葉」である違いを指摘することができます。

まとめ

「オンマ」「オモニ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「オンマ」とは「お母さん・ママ・子供が母親を呼ぶときに使うことが多い言い方」を意味していて、「オモニ」「お母さん・母親・一般的に誰でも母親を呼ぶときに使うことができる言い方」を意味している違いがあります。

「オンマ」「オモニ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典