スポンサーリンク

「オンライン」と「web」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オンライン」と「web」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターネットにつなげれば、海外に住んでいる人とも簡単にコンタクトが取れる時代。

この記事では「オンライン」「web」の違いを分かりやすく説明していきます。

紛らわしい用語の差を理解して、ITに強くなっていきましょう。

スポンサーリンク

「オンライン」とは?

オンラインとはインターネット回線に、繋がっている状態のこと。

ネットワーク機器に繋がっていることを指します。

反対語はインターネットに繋がっていない「オフライン」になります。

インターネットに繋がっているということは、パソコンやスマホを通じて、画面の先の向こうの人と繋がっているということ。

最近ではネットを通じてやり取りすること、そのものにもオンラインという言葉を用いています。

オンライン飲み会・オンライン英会話・オンライン診療なども、最近よく聞かれる流行語です。

どれもZoomなどのコミュニケーションツールを通じて、自宅から参加できるものばかりです。

現在よっぽどの過疎地に行かないかぎり、日本のいたる所でインターネットに接続することができます。

オンラインは離れていても遠方の人とやり取りできる、無限の可能性をひめた言葉です。

「web」とは?

Web(ウェブ)とは、インターネットのシステムのこと。

パソコンを立ち上げたとき、スマホで検索をおこなったとき、スムーズにネットに繋ぐことができるのはwebがんばっているからです。

何気なくいつも使っているwebですが「世界中に張り巡らされた、クモの巣」という意味が込められています。

つまりクモの巣の細かい網の目のように、世界中を覆っているのがwebなのです。

もともとWebはスイスにある研究機関のスタッフが、膨大な資料と資料を紐づけるために考案したもの。

多くの研究者や学者が、多くの資料をひと目で見られるように開発したものです。

現代ではこうしたシステムによって表示できるページをwebページ。

つくる人をwebデザイナー・webディレクターと呼んでいます。

「オンライン」と「web」の違い

どちらも身近な言葉ですが、あらためて問われると説明が難しいこともあります。

「オンライン」「web」の違いを、分かりやすく解説します。

・オンラインは、つなぐこと

Webは研究機関のスタッフが考案した、HTML文書を駆使したシステムのこと。

サイトをつなぐと「https://www」という文字があらわれます。

この「www」の部分がwebにあたります。

多くの人が1日に数回は検索をおこなっていると思うので、自然にウェブのシステムを利用していることになります。

またオンラインは、インターネットに接続している状態を指します。

オンライン会議というと、PCやスマホをインターネットに繋げてミーティングするという意味になります。

まとめ

「オンライン」「web」の違いをあらためて、お伝えいたしました。

どちらもよく知られた用語ですが、改めて問われると説明しにくいものです。

オンラインはインターネットに繋ぐこと。

またはその状態です。

Webはネットのシステムそのものになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典