スポンサーリンク

「オンライン帰省」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オンライン帰省」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オンライン帰省」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オンライン帰省」とは?意味

コロナウィルスによってより広まった言葉で、スカイプやLINE通話、zoomなどのオンライン通話システムを使用して帰省先の家族と会話したり食事の場をともにすると言った行動を指します。

動画で通信していればどの媒体であってもオンライン帰省と言えます。

性質的に一定の画面サイズがある方が理想的といえるでしょう。

実際に盆や正月などのシーズンの連休において実家に帰ることを帰省というため、オフライン帰省という概念は2022年時点では存在していません。

「オンライン帰省」の概要

オンラインで実家の家族と顔を合わせるということが基本で、単に電話で通話する以上の行動が必要なため、双方の家でスマートフォンかパソコンは必要になります。

スピーカーフォンなどもあったほうが良いとされます。

オンライン帰省の難しいところは帰省側にパソコン、スピーカーフォンがあるかというところで、さらにオンライン会議ツールを導入しているかという部分があります。

多少はパソコン販売店で設定サービスもありますが、導入のハードルが高めではあり、ひとつのパッケージとしてオンライン帰省に対応したパソコンという触れ込みはありませんでした。

価格的に帰省よりもパソコンのほうが高く付くという問題もあり、これに関してはすでにスマートフォンを導入している確率は高いなど、家庭ごとの差というところが大きくなっていますすでに導入している実家であれば逆に非常に簡単に行なえ、毎日オンライン帰省をするということすら可能です。

今後スマートフォンアプリなどでよりわかりやすく設定というサービスは増えることが考えられます。

また、仮にコロナウィルスの問題が収束したとしてもオンライン帰省はスケジュール的なメリットが有るため、概念としてなくなるということはないでしょう。

「オンライン帰省」の言葉の使い方や使われ方

「今年は実家に行ける状態ではないのでオンライン帰省にする」「らくらくホンにオンライン帰省アプリが入るといいのに」「オンライン帰省は光インターネットが理想的」など状況、設定、テクノロジーてきな角度で使うことができる言葉です。

「オンライン帰省」の類語や言いかえ

「インターネット回線での通話と動画による帰省」「webカメラで実家と会話する」「web会議で実家とつなげる」などが言い換えとして使えますが、オンライン帰省というほどスムーズな言い換えはなく、2021年時点でLINE帰省、zoom帰省などの言葉はありませんでした。

まとめ

オンライン帰省はテクノロジーやそうせざるを得ない背景など非常に時代を映したものとなっています。

今後オンライン帰省専用端末が出る可能性は低く、パソコンかスマートフォンを使う基本は変わらないと言えるでしょう。

VRまで進むかと言うと顔を合わせるというメリットが無くなるので微妙です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典