スポンサーリンク

「オーラルケア」と「デンタルケア」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オーラルケア」と「デンタルケア」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オーラルケア」「デンタルケア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オーラルケア」とは?

口腔内の手入れをすることです。

具体的には、歯磨きをする、フロスを使用する、洗口液を使用する、歯科でクリーニングをしてもらうなどをいいます。

口腔とは、口からのどまでの空洞部分を指します。

ここには、舌、歯茎、歯などがあります。

これらをケアすることが「オーラルケア」です。

人間は生きていくために食事をしなければなりません。

食べものを口にすることで、体を動かしたり維持したりするための栄養素を摂取しています。

そういったものを摂取するためには、自分の歯を残しておくことが重要です。

歯があることで、食べものをしっかりと噛むことができ、消化吸収がよくなります。

また、自分の歯で物を食べることは、生きる意欲にもつながります。

「オーラルケア」の使い方

口の中をケアすることを指して使用する言葉です。

歯科で行っているものだけでなく、自宅で行う歯磨きなども含まれています。

「デンタルケア」とは?

歯の手入れをすることです。

「デンタル」には、歯の、歯科のという意味があります。

デンタルクリニックなど、複合語の形で用います。

「ケア」には、心づかい、世話をすることという意味があります。

歯の世話をするとは、つまり歯の手入れをすることです。

歯のケアを怠ると虫歯や歯周病が進行する可能性があります。

虫歯や歯周病が進行をすれば、いずれ自分の歯を失うことになるでしょう。

いくつになっても健康的な歯を保つためには、普段の手入れが大切です。

歯磨きをすることが、健康的な歯を守ることにつながります。

しかし、歯磨きをしているつもりでも、磨き残しをしていることが少なくありません。

特に歯と歯の間は歯ブラシの毛先が届きにくく、歯垢が残りやすい部位です。

歯ブラシとあわせて歯間ブラシを使用すると、歯垢の90%程度を取り除けるといわれています。

「デンタルケア」の使い方

歯の手入れという意味で使用をします。

主に歯磨きをすることをいいます。

「オーラルケア」と「デンタルケア」の違い

どちらの言葉にも、手入れをするという意味が含まれていますが、何を手入れするのかという点に違いがあります。

前者の言葉は、口の中を手入れすることを意味しています。

歯、歯茎、舌などを手入れすることです。

後者の言葉は、歯を手入れすることです。

「オーラルケア」の例文

・『毎日オーラルケアをしています』
・『オーラルケアに必要な道具をそろえる』
・『おいしく食べるためにオーラルケアが必要です』

「デンタルケア」の例文

・『デンタルケアを怠っていませんか』
・『毎日デンタルケアを行いましょう』
・『歯ブラシを使ってデンタルケアをする』

まとめ

2つの言葉には、手入れをするという意味が含まれていますが、歯をケアすることなのか、歯を含めて口の中全体をケアすることなのか、という点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典