スポンサーリンク

「カゴパク」と「カゴダッシュ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カゴパク」と「カゴダッシュ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カゴパク」「カゴダッシュ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カゴパク」とは?

「カゴパク」は、「カゴをパクる」の略語で、「客がスーパーやなどで商品を精算した後、カゴに入れたまま持ち帰ってしまうこと」という意味です。

「パクる」「人のものをかすめ盗る」「警察に捕まる」という意味で、「カゴをかすめ盗る」になります。

レジ袋が有料化され、マイバッグを持ってくるのが面倒、忘れたなどの理由で、カゴごと車で持ち帰ってしまう人が増えました。

商品の代金は支払っているのですが、「カゴ」はお店の備品ですので窃盗になります。

「カゴダッシュ」とは?

「カゴダッシュ」とは、「カゴを持ってダッシュする」の略で、「客がコンビニでカゴに商品を入れ、カゴごと商品を万引きして車やバイクで逃げる犯罪のこと」という意味です。

店員が他の客の精算している時や、品出しをしている時を見計らってさっと逃げてしまいまいます。

こちらは商品の代金を支払いませんので、完全な窃盗になります。

「カゴパク」と「カゴダッシュ」の違い!

「カゴパク」「商品を精算した後、カゴに入れたまま持ち帰ってしまうこと」です。

「カゴダッシュ」「カゴごと商品を万引きして車やバイクで逃げる犯罪のこと」です。

まとめ

今回は「カゴパク」「カゴダッシュ」の違いをお伝えしました。

「カゴパクはカゴを盗む」「カゴダッシュは商品とカゴを万引きする」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典