「カサゴ」と「メバル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「カサゴ」と「メバル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カサゴ」「メバル」の違いを分かりやすく説明していきます。

「カサゴ」とは?

「カサゴ」とは、カサゴ目フサカサゴ科に分類される海棲硬骨魚で、日本近海や太平洋西部の暖かい海域に棲息しています。

「カサゴ」は全長約30センチですが、沖合いの大型のカサゴには全長50~60センチになるものもいます。

「カサゴ」の体色は赤褐色・赤色で薄い斑模様(まだらもよう)があります。

「カサゴ」は頭部が大きくて笠をかぶっているように見えることから、「笠子」と漢字表記されます。

また、爛れる(ただれる)皮膚病にかかって瘡蓋(かさぶた)ができたようにも見えることから、「瘡魚」の表記もあります。

「メバル」とは?

「メバル」とは、カサゴ目フサカサゴ科(メバル科)に分類される海棲硬骨魚のうち、日本で古来からメバルと呼ばれてきた三種の魚の総称のことです。

「メバル」は全長20~30センチで、「アカメバル・シロメバル・クロメバル」の三種がいます。

「メバル」は北海道から九州地方の岩礁域に棲息し、群れで泳ぎ回ります。

大きな目が特徴的なことから、漢字では「眼張」と表記します。

冬から春が食用としての「メバル」の旬であるため、「春告魚(はるつげうお)」の異名も持ちます。

「カサゴ」と「メバル」の違い!

「カサゴ」「メバル」の違いを、分かりやすく解説します。

「メバル」は、生物学的分類では「カサゴ」の一種になっています。

「カサゴ」「目が小さくて頭が大きい・厚みがあって丸っこい体」の特徴があり、「メバル」のほうは「眼が大きくて頭が小さい・厚みがあまりない体」の特徴を持っている違いがあります。

食用魚としては「カサゴ」のほうが、「タンパクで脂が少なくあっさりしているメバルよりも、脂がのっていて色々な料理(鍋料理・味噌汁・塩焼き・煮付けなど)に使われる」という違いも指摘できます。

また「カサゴ」「海底付近をとどまっていること」が多いですが、「メバル」のほうは「岩礁付近を群れで泳ぎ回ること」が多い生態の違いもあります。

まとめ

「カサゴ」「メバル」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「カサゴ」とは「食用に適した白身魚で、カサゴ目フサカサゴ科に分類される海棲硬骨魚」を意味していて、「メバル」「カサゴ目フサカサゴ科(メバル科)に分類されている、アカメバル・シロメバル・クロメバルの三種」を意味している違いがあります。

「カサゴ」「メバル」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典