「カンナ」と「サンダー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カンナ」と「サンダー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カンナ」「サンダー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カンナ」とは?

「カンナ」とは、「板(木材)の表面を鋭い刃物で薄くそぎ落としながら、なめらかな面をつくったり平行を出したりする工具・道具」のことを意味しています。

「カンナ」を高度に使いこなして木材の平行を出すためには、職人としての一定の熟練・経験が必要になってきます。

「カンナ」は、「プレーナー」とも呼ばれます。

「サンダー」とは?

「サンダー」とは、「板(木材)の表面を砂ヤスリ状の紙・布で削り落として均しながら、表面をなめらかにしたり平行を出したりする工具・道具」のことを意味しています。

「サンダー」は木材の表面をなめらかにする目的であればカンナよりも使いやすい工具ですが、木材の平行を出すのには一定以上の熟練・技術が必要になります。

「サンダー」は、「ヤスリ」とも呼ばれます。

「カンナ」と「サンダー」の違い!

「カンナ」「サンダー」の違いを、分かりやすく解説します。

「カンナ」「サンダー」「木材の表面をなめらかに仕上げたり、木材の平行を出したりするときに使う道具・工具」という意味では似ていますが、「カンナ(プレーナー)」「木材の表面を鋭い刃物でそぎ落とす仕組み」を持っていて、「サンダー(ヤスリ)」「木材の表面を紙やすり状のもので削り落とす仕組み」を持っている違いがあります。

「カンナ」のほうが「サンダー」よりも職人としての技術的な熟練を要求する部分が多いですが、木材を平行にする用途には「サンダー」よりも「カンナ」のほうが適している違いも指摘できます。

木材をなめらかにする用途では「サンダー」のほうが使いやすいですが、熟練した職人が使えば「カンナ」のほうが木材の仕上がりがよりなめらかになります。

まとめ

「カンナ」「サンダー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「カンナ」とは「板(木材)の表面を鋭い刃物で薄くそぎ落とす仕組みで、木材をなめらかにしたり平行を出したりする工具」を意味していて、「サンダー」「板(木材)の表面をヤスリ状のもので削り落としながら、木材をなめらかにしたり平行を出したりする工具」を意味している違いがあります。

「カンナ」「サンダー」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典