スポンサーリンク

「ガムテープ」と「布テープ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ガムテープ」と「布テープ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ガムテープ」「布テープ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ガムテープ」とは?

茶色で強度が高いことが特徴のクラフト紙の片面に水溶性の糊を塗り、乾燥させた上で細長い帯状にしたテープで専用のディスペンサーを使って水をつけて貼り付けるものをガムテープと呼びますが、こちらは水テープという呼称もあります。

水をつけてから貼り付ける必要のないクラフト紙に粘着剤をつけたクラフトテープもガムテープと呼ばれています。

クラフトテープとも呼ばれるガムテープはラミネート加工が施されている関係で油性ペンでガムテープの上に文字を書くことが難しく、重ね貼りが難しくなっています。

強度が強く、低価格で扱いやすい点がメリットと言えます。

水テープと呼ばれるガムテープは剥離処理がされていないことから油性ペンで文字がかけ、重ね貼りが可能です。

扱いが難しいところが欠点と言えるでしょう。

なお、プラスチックで作られている粘着テープもガムテープの範疇といえるテープで、こちらは重ね貼りが出来、油性ペンで上に文字を書くことが可能です。

「布テープ」とは?

布テープはガムテープのように梱包に使われるテープで、ガムテープの一種という見方もありますが、素材そのものが異なりレーヨン・ステープルを紡績して糸にしてそこから織物にした「スフモス」という素材に粘着材をつけたテープとなっています。

こちらはクラフトテープよりも高価格ですが、強度が更に高く、手で切ってもきれいに直線に切れ、油性ペンで上に文字を書くことが可能です。

ガムテープのカテゴリーにあるためかガムテープと同じ色合いのものが広く流通していて、布テープには白や黒など様々なカラーが用意されています。

また、布テープには両面タイプも存在しています。

商品名としては布テープとなっておりガムテープと混同しないようになっていますが、用途自体はそれほど違いはありません。

「ガムテープ」と「布テープ」の違い

「ガムテープ」「布テープ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ガムテープ」はもともとは現在販売されている水テープのことを指しますが、こちらは切手のように水を使って貼り付けるため専用のディスペンサーが必要です。

クラフトテープと呼ばれるクラフト紙を使用し、剥離処理をしていてつるつるした手触りになっているテープもガムテープの範疇にあるといえるでしょう。

「布テープ」はガムテープの用途と同等ながらより強度の強い繊維で作られた粘着テープとなっています。

用途はどれもほぼ同じですが価格差や扱い安さによって使い分けられます。

水テープと布テープは重ね貼りが可能、クラフトテープは重ね貼りができません。

まとめ

「ガムテープ」は現在では水テープとクラフトテープの両方を指し、特にクラフトテープがガムテープとして認知されています。

布テープは価格が高いですが強度に優れ、クラフトテープの上位互換と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典