スポンサーリンク

「ガーデニング」と「家庭菜園」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ガーデニング」と「家庭菜園」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ガーデニング」「家庭菜園」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ガーデニング」とは?

「ガーデニング」の意味と概要について紹介します。

「ガーデニング」の意味

「ガーデニング」とは、「家庭で観賞目的として草花を栽培して、庭造りを楽しむこと」です。

「ガーデニング」の概要

「ガーデニング」は、英語の“gardening”が日本語化した言葉で「庭造り」「家庭園芸」という意味です。

家庭で庭やちょっとしたスペースに樹木や草花を植えたり、柵を作ったりして庭造りを楽しむことを言います。

「ガーデニング」は鑑賞目的であり、収穫したり食べたりするものではありませんが、中にはプチトマトやハーブなどを育てている人もいます。

つまり、「家庭菜園」をよりオシャレにして、鑑賞目的も含めたもは「ガーデニング」に含まれると思って良いでしょう。

「ガーデニング」は、美しい花壇を作り心を和ませ、ストレスを発散させる効果があります。

「家庭菜園」とは?

「家庭菜園」の意味と概要について紹介します。

「家庭菜園」の意味

「家庭菜園」「かていさいえん」と読みます。

意味は「自分の庭や畑などで、趣味として野菜や果物などを育てて楽しむこと」です。

「家庭菜園」の概要

「家庭菜園」は、自分の庭や畑などのプライベートスペースで、趣味として野菜や果物などを育てて楽しむことを言います。

もちろん実ったら収穫して、自分達で食べることも目的としています。

「庭を手作りする」という点では「ガーデニング」に含まれるのですが、「作物を生産すること」がメインです。

ただし、農家の様に大規模でないので、最低限の道具さえあれば手軽に続けられるのが魅力です。

自分で育てた新鮮な野菜や果実を食べられて節約につながり、季節を感じることでストレス解消にもなります。

「ガーデニング」と「家庭菜園」の違い!

「ガーデニング」「家庭で観賞目的として草花を栽培して、庭造りを楽しむこと」です。

「家庭菜園」「自分の庭や畑などで、趣味として野菜や果物などを育てて楽しむこと」です。

まとめ

今回は「ガーデニング」「家庭菜園」の違いをお伝えしました。

「ガーデニングは鑑賞目的」「家庭菜園は生産と収穫目的」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典