スポンサーリンク

「キックオフミーティング」と「スタートアップミーティング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キックオフミーティング」と「スタートアップミーティング」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キックオフミーティング」「スタートアップミーティング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キックオフミーティング」とは?

「キックオフミーティング」の意味と概要について紹介します。

「キックオフミーティング」の意味

「キックオフミーティング」とは「ビジネスである計画が始まる時に行う初回イベントのこと」です。

「キックオフミーティング」の概要

「キックオフミーティング」とは、ビジネスにおいて、ある計画が発足した時に、最初に行われるイベントのことです。

「ミーティング」とありますが、そのビジネスやプロジェクトが発足された時に、関係するメンバーを集めて内容や趣旨を説明したり、プレゼンをするイベント性の強い集りになります。

「キックオフ」とは、サッカーの試合で、最初にボールを蹴ってからゲームがスタートすることに由来しています。

そのビジネスやプロジェクトの「事始め」として集まる意味として使われています。

また、その他にも年初や四半期初めに集まって開く大掛かりなミーティングやイベントに対して使われることもあります。

これにより、ビジネスに関わるメンバーのモチベーションを高める効果があるのです。

「スタートアップミーティング」とは?

「スタートアップミーティング」の意味と概要について紹介します。

「スタートアップミーティング」の意味

「スタートアップミーティング」とは、「ある計画が始まる前に開催される会議のこと」です。

「スタートアップミーティング」の概要

「スタートアップミーティング」は、その計画が始まる前にメンバーが集まる会議のことを言います。

「キックオフミーティング」よりも初期の段階で、メンバー同士の顔合わせをする為に開くことが多くなります。

また、医療業界によいては、治験が始まる前などに医師や看護師、臨床検査技師などが集まる会議のことに使われます。

「キックオフミーティング」と「スタートアップミーティング」の違い!

「キックオフミーティング」「ビジネスである計画が始まる時に行う初回イベント」です。

「スタートアップミーティング」「ある計画が始まる前に開催される会議のこと」です。

まとめ

今回は「キックオフミーティング」「スタートアップミーティング」の違いをお伝えしました。

「キックオフミーティングは事始め」「スタートアップミーティングは顔合わせ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典