スポンサーリンク

「キャッチアンドリリース」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キャッチアンドリリース」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キャッチアンドリリース」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キャッチアンドリリース」とは?意味

「キャッチアンドリリース」とは、捕まえたものを即座委に開放するという考え方で、魚釣りにおいては未成熟な魚を逃がすことで魚の減少を防ぐという考えを意味します。

ただ、この方法はあくまで人間側のエゴのようなもので、魚を人間に置き換えるとかなり残虐な行為で、食用としてとらえるのではなく、遊びで魚を傷つけたうえで魚を逃がす行為になるため、実のところ残虐な行為でもあります。

「キャッチアンドリリース」の概要

「キャッチアンドリリース」は、無益な殺生をしないという精神の元魚釣りを楽しむというものですが、最近ではこの考えは変わりつつあります。

つまり、地域の水質のほか生態系を壊す外来魚においてはあえて駆除をしてあげた方が本来の生態系に戻ることから、あえて殺生をした方が望ましいという考えがあるのです。

たとえばブラックバスなどがまさに生態系を崩す存在で外来魚によって日本の水産資源に影響が出ているが故、あえて殺生もやむなしという考えになってきています。

「キャッチアンドリリース」の言葉の使い方や使われ方

「キャッチアンドリリース」は、魚釣りで未成熟なものを逃がすことを意味するために使用されたり、ひよこの鑑定などにおいてもひよこを捕まえてからオスとメスを分けてリリースするという意味で使用されます。

「キャッチアンドリリース」を使った例文

・『外来魚のキャッチアンドリリースは、日本では条例によって都道府県によっては禁止されている』
この例は、日本における外来魚を捕まえてから逃がすという行為は、都道府県によっては、禁止行為だという例で罰則を伴うというものです。

つまり外来魚を駆除対象としている場合、捕まえたら逃がしてはいけないという例になります。

・『ひよこの鑑定でヒヨコをキャッチアンドリリースする』
この例は、ひよこの雄と雌の鑑定においてひよこを捕まえてから鑑定してその後雄と雌に分けてから離すというものです。

ひよこなどの生物も「キャッチアンドリリース」の考えがあり、ひよこの場合は雄と雌を分けるために捕まえてから離すという行為を取ります。

まとめ

「キャッチアンドリリース」については、魚釣りにおいては、魚を釣ることを楽しむことと魚を生かして成長させるの両立をしていますが、問題は、生かすべく魚であるかどうかと魚の側の気持ちに人間が立っていないことです。

生かすべく魚であるかについては生態系を壊す魚であるかどうかを意味し、魚側の気持ちに立っていない点については魚を虐待しているのではないかという問題です。

ひよこの鑑定の場合は雄と雌を分けて食用にするという名目で「キャッチアンドリリース」を行っていますのでひよこのほうが業こそありますが虐待ではないと言い切れ、人間の食べるという欲求を満たしています。

よって、虐待ではない、「キャッチアンドリリース」においてはヒヨコがまさに人間の業こそあるがニワトリの成長及び食用という立派な目的を果たしているやり方です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典