「クラック(ヒビ割れ)」と「ヘアクラック」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クラック(ヒビ割れ)」と「ヘアクラック」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クラック(ヒビ割れ)」「ヘアクラック」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「クラック(ヒビ割れ)」とは?

「クラック(ヒビ割れ)」とは、「経年劣化・乾燥などの原因によって、建築物(建物)の外壁・塗装面・内壁にできる亀裂」のことを意味している建築用語です。

「クラック(ヒビ割れ)」の原因として、「経年劣化・乾燥・地震(揺れ)・塗料の馴染みの悪さ」が挙げられます。

「クラック(ヒビ割れ)」は大きく、「ヘアクラック・乾燥クラック・構造クラック・縁切れによるクラック」の4種類に分けられます。

「ヘアクラック」とは?

「ヘアクラック」とは、「建築物の塗装面に生じた髪の毛くらいしかない幅の小さなクラック(ヒビ割れ)・幅(太さ)が0. 3mm以下の細い亀裂(ヒビ割れ)」のことを意味する建築用語です。

「ヘアクラック」というのは、「塗装面(塗膜)に発生する極めて幅の小さなクラック」「今すぐに緊急的な修繕(塗り直し)までは必要のないクラック」のことなのです。

「ヘアクラック」が発生する原因として、「経年劣化・塗装作業のミス(塗装間隔時間の間違え)・弾性素地や塗膜の上から硬質塗膜を塗る」などがあります。

「クラック(ヒビ割れ)」と「ヘアクラック」の違い!

「クラック(ヒビ割れ)」「ヘアクラック」の違いを、分かりやすく解説します。

「クラック(ヒビ割れ)」「ヘアクラック」はどちらも、「経年劣化・乾燥・地震の揺れ・塗料の馴染みの悪さなどが原因となって起こる、建築物(構造物)にできる亀裂・ヒビ割れ」のことを意味しています。

「クラック(ヒビ割れ)」は大きく分けると、「ヘアクラック・乾燥クラック・構造クラック・縁切れによるクラック」の4種類があり、「ヘアクラック」というのは「クラック(ヒビ割れ)」の一種であるという違いを指摘できます。

「ヘアクラック」とは、「クラックの中でも特に亀裂の幅が細い0. 3mm以下のヒビ割れ(髪の毛のような細いヒビ割れで今すぐに補修しなくても良いもの)」のことを意味している違いがあるのです。

まとめ

「クラック(ヒビ割れ)」「ヘアクラック」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「クラック(ヒビ割れ)」とは「経年劣化や乾燥などの原因によって、建築物の外壁・塗装面・内壁にできる亀裂」を意味していて、「ヘアクラック」とは「クラックの幅・太さが0. 3mm以下で、髪の毛ほどの細いヒビ割れ・現時点で早急な修繕の必要まではないヒビ割れ」を意味している違いがあります。

「クラック(ヒビ割れ)」「ヘアクラック」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典