スポンサーリンク

「クローゼット」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クローゼット」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、クローゼットの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

クローゼットとは?意味

クローゼットとは、主に寝室にある押し入れのことであり、衣類やバック、帽子、寝具など様々な物を入れておける便利な収納空間です。

一昔前までは2枚の襖が横にスライドする引き戸タイプの押し入れと呼ばれていましたが、時代と共に部屋の様式が変わったことから収納空間も西洋化し、クローゼットと呼ばれるようになりました。

クローゼットの概要

日本語で「押し入れ」と表現するクローゼットは、おしゃれに表現するためクローゼットと言うようになりました。

寝室にベッドを置くために床も畳からフローリングになり、それに合わせてドアタイプの収納になったのです。

ハンガーラックがすでに付いているクローゼットなら、洋服を並べて掛けることができますし、そのままの状態でしまえるのが便利なところ。

季節によって洋服を掛ける位置を決めておけば、より着たい服も見つけやすくなります。

棚もあるタイプなら、靴やバックをそのままの形で収納可能。

空きスペースを有効活用できるわけです。

ドアは引き戸から手前に引いて開けるタイプで、見た目もクールでおしゃれ。

最近は中にベッドマットやテーブルなど大きな物が収納できる大型のウォークインクローゼットも出てきています。

クローゼットの言葉の類語・使い方や使われ方

クローゼットの類語には納戸や戸棚、物置、小さな収納部屋、収納室、収納庫、押し入れなどがあります。

使い方としては納戸に閉まっておいた季節外れの服を取り出す、小さな収納部屋から長年しまっておいた服を取り出す、不要になった帽子を収納室にしまうなどに言い換えて使われています。

クローゼットを使った例文(使用例)

・人を驚かそうとクローゼットの中に隠れてその時を待つ
クローゼットには洋服やバックなどを収納するだけではなく、驚かすために隠れて、人が部屋に来たときを狙って勢いよく飛び出すことで驚かせる場所にもなります。

また、トラブルが起きたときクローゼットの中に隠れて、落ち着いたときを見計らって出るための場所にもなるのです。

・クローゼットを開けっ放しにしておくと虫が入ってしまう
ドアがピタッと閉まるように設計してあるクローゼット。

そのドアをいつまでも開けっぱなしにしておくと虫が入り込んで糞をしてしまい、洋服もバッグも汚れてしまうからドアをすぐに閉めておいた方がいいという意味合いがある例文です。

注意を促し、人が早くドアを閉めなければいけない気持ちにさせるときによく使います。

・シワになりやすいコートはハンガーに掛けて、クローゼットにしまっておこう
人間の背丈以上も天井が高いクローゼットには、ロングコートもそのまま収納できるほどの高さがあります。

そのため、ハンガーに掛けておかないとシワになりやすいコートもクローゼットにしまっておけば、次に着るとき綺麗な状態でそのまま切れるわけです。

アイロンをかけなくてもよく、折り畳むよりも湿気がこもらず、カビが生えにくい状態で収納しておける便利な場所になります。

まとめ

毎日着る服をハンガーに掛けておけばシワにならずに収納できますし、季節外れの物をいろいろと収納しておけるのもクローゼットの良さです。

洋式の部屋に合わせてドアタイプになり、おしゃれな部屋にもぴったり合うデザインも出てきています。

すべてのドアを開ければ、布団を出し入れするのも容易にできるほど大きく開けられるタイプもあり、収納力にも力を入れているクローゼットも増えていますので、収納力や使い勝手を調べてみてから部屋を選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典