スポンサーリンク

「クールな人」と「おとなしい人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クールな人」と「おとなしい人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クールな人」「おとなしい人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「クールな人」とは?

「クールな人」とは、冷静な人、感情で左右されない人という意味になります。

つまり、常日頃から落ち着きがあり、感情的ではない性格の人なのですが、「冷たい人」「他人に優しくない人」という意味を遠回しに「彼女はクールな人だ」という風に使う場合もありますので、読み取り方には注意が必要です。

「おとなしい人」とは?

「おとなしい人」とは、性格が穏やかで静かな人、落ち着きがある人という意味です。

他に自己主張をしない人のことも「おとなしい人」と言うこともあります。

「私はおとなしい人の方が好きだ」「おとなしい人だけど、情熱を内側に持っている」などと、使います。

「クールな人」と「おとなしい人」の違い!

「クールな人」「おとなしい人」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも静かで騒いだりしないといった表面的なイメージは似ていますが、性格そのものは違います。

「クールな人」とは冷静な人、物事に対して感情的にならない人という意味です。

一方で「おとなしい人」とは性格が穏やか、落ち着きがあり物静かな人、派手ではない人といった意味になります。

例えば、物静かであっても感情豊か、涙もろいといったタイプの人は「おとなしい人」となるわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「クールな人」「おとなしい人」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、使い分けるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典