スポンサーリンク

「グローバル化」と「国際化」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「グローバル化」と「国際化」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「グローバル化」「国際化」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「グローバル化」とは?

「グローバル化」の意味と使い方について紹介します。

「グローバル化」の意味

「グローバル化」「経済や人のつながり、文化や知識など、あらゆるものが国の枠組みを超えてつながること」です。

「グローバル化」の使い方

「グローバル化」は、経済や文化、知識や文化など、人の活動に関係するものが、国という枠組みを超えて一体化することを言います。

「グローバル化」は英語で“globalization”と書き、“globe”「地球、地球儀」という意味です。

つまり、全てを一つの国としてではなく、「地球規模」で考えるというニュアンスです。

「グローバル化」が進めば、国内でも国外でも同じ環境で過ごせます。

現在最も「グローバル化」が進んでいるのは「IT産業」で、インターネットを利用すれば、世界中から情報を入手できるのです。

「国際化」とは?

「国際化」の意味と使い方について紹介します。

「国際化」の意味

「国際化」「こくさいか」と読みます。

意味は「ある国が、他の国と活発に交流すること」です。

「国際化」の使い方

「国際化」は、ある国が、自分の国との違いを 「国際化」とは、自国と他国の違いを前提としたうえで、活発な交流を行うことです。

明確に国境をもつという点において「グローバル化」と異なります。

「国際化」は、それぞれの国は独立したものであること、お互いに文化や経済のシステムなどに違いがあることを前提に、交流を活発化させる時の表現です。

英語では“internationalization”と書き、“inter”「~の間」という意味、“national”「国家の」という意味です。

「グローバル化」と「国際化」の違い!

「グローバル化」「国の領域を超えて、世界が一体になっていく傾向」です。

「国際化」「他国と活発に交流すること」です。

まとめ

今回は「グローバル化」「国際化」の違いをお伝えしました。

「グローバル化は世界一体化」「国際化は世界的な交流」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典