スポンサーリンク

「ゲマインシャフト」と「ゲゼルシャフト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ゲマインシャフト」と「ゲゼルシャフト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ゲマインシャフト」「ゲゼルシャフト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ゲマインシャフト」とは?

「ゲマインシャフト」というのは共同体組織を意味する言葉になります。

これには血縁であったり友情で結びついた者達が集まって形成する集団になります。

なので、「ゲマインシャフト」には何かの目的があって集まったという明確な理由はないです。

自然と集まってできた集団であるというのがあります。

この「ゲマインシャフト」というのは言い方を変えれば仲の良いものが集まってできた村のような小社会集団であったり、血縁によってできた家族といったものがあります。

なので「ゲマインシャフト」というのは利益を求めてできたような集団ではないです。

「ゲゼルシャフト」とは?

「ゲゼルシャフト」というのは明確な目的を持って集まった集団を指す言葉になります。

これには会社といった組織が「ゲゼルシャフト」に当たります。

「ゲゼルシャフト」はそれぞれの人間性はあまり重視しないです。

なぜなら、「ゲゼルシャフト」は人間関係で集まった集団ではなく利益を追求する事が目的で集まった集団だからです。

なので「ゲゼルシャフト」においてはそこに属する人間がそれぞれどういう人間であるかは重要ではないです。

とにかく組織としてそれぞれが担っている役割を果たす事が大事になります。

「ゲマインシャフト」と「ゲゼルシャフト」の違い

「ゲマインシャフト」「ゲゼルシャフト」の違いはやはり利益で繋がっているかそうでないかという点になります。

「ゲマインシャフト」というのはまさに利益とかで繋がっていない集団を指します。

血縁や人間関係で成立している集団でそこには ここに属する人間の様々な感情が入り乱れる事になります。

それぞれが言いたい事を言ってそれぞれの言い分をまとめて皆が納得できるように集団をまとめます。

家族経営のようにして集団をまとめるので家族における上下関係のようなものがあります。

これに対して「ゲゼルシャフト」というのはそれぞれが1つの目的を達成するために集まった集団となり、個の感情は重視しないです。

個人よりも集団として最大の利益を実現する事が重要視されます。

またここの属する者はそれぞれ役割分担がされて働きに対して適切に対価が支払われるようになっています。

徹底した合理主義で動くのが「ゲゼルシャフト」になります。

まとめ

「ゲマインシャフト」「ゲゼルシャフト」ではその言葉の意味は全然違います。

「ゲマインシャフト」はある目的のために集まった集団ではなく、人間関係が重視されるのでここに属する集団はそれぞれ良い関係を維持しやすいという特徴があります。

ですが、「ゲゼルシャフト」は人間関係は重視されず利益が優先されるのでそこに属する集団の人間関係が必ずしも良いとは限らないです。

なので、「ゲマインシャフト」は精神的な満足を得やすく、「ゲゼルシャフト」は精神的な満足は得られにくいですが、その反面利益をそれぞれが得られやすいというのがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典