スポンサーリンク

「コンサルティング」と「コンサルタント」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コンサルティング」と「コンサルタント」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コンサルティング」「コンサルタント」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コンサルティング」とは?

「コンサルティング」とは、専門家の立場から解決策を提示したり、相談にのったりすることです。

企業の役員に対して行われることが多くあります。

近年は「婚活コンサルティング」という言葉も登場をしており、企業以外のことに関しても「コンサルティング」が行われています。

その他にも「環境コンサルティング」「セキュリティコンサルティング」「Webコンサルティング」など、さまざまな分野の「コンサルティング」があります。

「コンサルタント」とは?

「コンサルタント」とは、「コンサルティング」を行う人のことです。

経営などについて相談を受け、診断、助言、改善策の提示などを行う職業につく専門家を指します。

「コンサルタント」は人とかかわる仕事なので、「コンサルタント」になるためにはコミュニケーション能力が必要とされます。

「コンサルティング」と「コンサルタント」の違い

「コンサルティング」は、企業経営などについて解決策を示すことです。

行っていることについてを意味しています。

「コンサルタント」は、「コンサルティング」を行う人です。

行う人についてを意味しています。

まとめ

「コンサルタント」「コンサルティング」は似たような場面で使われる言葉ですが意味が違い、「コンサルティング」は行っていること、「コンサルティング」は行っている人という点が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典