「コンサートホール」と「オペラハウス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コンサートホール」と「オペラハウス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コンサートホール」「オペラハウス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コンサートホール」とは?

「コンサートホール」の意味と概要について紹介します。

「コンサートホール」の意味

「コンサートホール」とは「クラシック音楽の演奏会向きに作られている建築物のこと」という意味です。

「コンサートホール」の概要

「コンサートホール」「音楽堂」とも呼ばれ、クラシック音楽の演奏会を開くことを目的として作られた建築物のことを言います。

一般的な「コンサートホール」は、「大ホール・小ホール」と複数の会場があったり、多目的ホールや美術館など、文化的複合施設の一部になっています。

日本でよく知られているのは東京にある「サントリーホール」「東京芸術劇場」です。

「コンサートホール」の特徴としては「プロセニアム・アーチ」と呼ばれる舞台の枠組みや幕がなく、開放的な点です。

生音を聴かせる目的で作られたホールであり、PAを使った轟音の音楽には向いていません。

「オペラハウス」とは?

「オペラハウス」の意味と概要について紹介します。

「オペラハウス」の意味

「オペラハウス」は、「オペラを演じる目的で作られた独自の構造を持つ建築物のこと」です。

「オペラハウス」の概要

「オペラハウス」は、「歌劇場」とも呼ばれ、オペラを演じる目的で作られた建築物のことを言います。

一般的なコンサートホールとの違いは、舞台と観客の間に、オーケストラが入るスペース(オーケストラピット)があるという点です。

また、生歌を後ろの客席まで届くようにする為には、ホールの広さに限界があることから、小規模・中規模の広さになります。

大規模の「オペラハウス」の場合、マイクを使用することもあります。

「コンサートホール」と「オペラハウス」の違い!

「コンサートホール」「クラシック音楽の演奏会向きに作られた、舞台の枠組みや幕がなく開放的な建築物のこと」です。

「オペラハウス」「オペラを演じる目的で作られたオーケストラピットのある建築物」です。

まとめ

今回は「コンサートホール」「オペラハウス」の違いをお伝えしました。

「コンサートホールは枠組みや幕がない」「オペラハウスはオーケストラピットがある」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典