「コンセントレーション」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「コンセントレーション」とは?意味

「コンセントレーション」は英語の“concentration”を語源とした言葉ですが、「精神や意識を集中すること」、いわゆる「精神集中」という意味で使われています。

「コンセントレーション」の表現の使い方

「精神集中」という意味を持つ「コンセントレーション」は、スポーツや勉強で大きな成果を出すために、雑念を取り払い1つのことに意識を傾けるような場面で使われています。

スポーツの世界では「コンセントレーションを高めて試合に臨むことが必要だ」というような使い方があります。

「コンセントレーション」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「コンセントレーション」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

「コンセントレーション」を使った例文1

「このままコンセントレーションが進みすぎると、業界の構造の健全性が失われて、利用者にも、大きなしわ寄せが来ることになるだろう」

「コンセントレーション」「精神集中」という解釈で説明を来ましたが、ビジネスの世界では、複数の企業が市場で優位になるような「企業集中」という意味で使われることがあります。

俗に言われている「カルテル」「トラスト」というもので、独占禁止法で厳しく制限されています。

「コンセントレーション」を使った例文2

「トップランナーは、常にイメージトレーニングを行ないながら、コンセントレーションを高めています」

一流のスポーツ選手が試合に挑む時には、「コンセントレーション」を高めるために、イメージトレーニングを行っています。

自分の精神を集中させて、実践さながらのシーンを頭の中で思い浮かべることで、大きな成果を生み出していくのです。

「コンセントレーション」の類語や類義語

「コンセントレーション」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

「集中」【しゅうちゅう】

「集中」「コンセントレーション」の言い換え表現として扱うことができます。

「1つの所に力や意識などを注ぎ集めること」「集まること」という意味になります。

「専念」【せんねん】

「専念」「コンセントレーション」の類義語となりますが、「心をある物事に集中させること」「心を他に向けないで、ひたすら1つのことを行うこと」という意味になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典