スポンサーリンク

「コンテクスト」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コンテクスト」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、カタカナ語の「コンテクスト」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コンテクスト」とは?意味

「コンテクスト」は英語の「context」から来ているカタカナ語です。

英語とほほ同様の意味として使われており、「文脈や脈絡」を意味する言葉です。

「コンテクスト」の概要

日本語は英語等に比較すると、「コンテクスト」をしっかり把握しないと、文章の内容が正しく理解できない言語と言えるため、日本語では特に大切とされています。

また言葉や文章の意味やニュアンスは、その国の社会環境や価値観や暗黙知によって理解が異なってくれもので、こうした「コミュニケーションのベースとなる文化的な共有性」も、広い意味で「コンテクスト」と表現されています。

一般的には、「コンテクスト」は上記の様な意味で使われていますが、ビジネスにおいては、根拠となる情報や関連データーを指す事もあります。

またIT用語としては「状況に対応した動作を行うための判断材料や条件」の意味として、「コンテクスト」が使われることもあります。

さらに「コンテクスト」は、以下の例の様に、他の言葉と組み合わせて、使われることも定着しています。

例えば、「コミュニケーションのベースとなる国や様々な集団の文化の共有性を、「コンテクスト文化」と表現し、それが高いことを「ハイコンテクスト文化」、低いことを「ローテクスト文化」と表現したりします。

ちなみに日本は同調性が高い、「ハイコンテクスト文化」の国とされています。

その他にも、「消費者の心情や背景を重視するマーケティング方法」「コンテクストマーケティング」と表現する事もあります。

さらに「集団や社会で共有化された価値観に、新しい価値を吹き込むこと」「コンテクストデザイン」と表現したりもします。

「コンテクスト」の言葉の使い方や使われ方

カタカナ語の「コンテクスト」は以下の例の様に使われます。

・『商談では、相手の言葉の表面的な意味だけでなく、コンテクストをしっかりと読み取ることが重要と言えます』
・『時代背景の変化を踏まえて、社長は新たに長期ビジョンのコンテクストの生成を構想し始めているようです』
・『重要なプロジェクトであればるほど、事前にコンテクストの共有を、充分に行っておくのが大切です』

「コンテクスト」の類語や言いかえ

カタカナ語の「コンテクスト」の類語としては、「前後関係」「文脈」「背景」「状況」、さらにビジネス用語としては、「根拠」「関連情報」などが挙げられます。

2項で記載した様に、一般的な意味の他に、ビジネス用語として、さらにIT用語として使われており、それぞれのニュアンスに対応して、類語の中から最適な言葉を選定する必要があります。

まとめ

「コンテクスト」は英語の「context」から来ているカタカナ語です。

英語とほほ同様の意味として使われており、「文脈や脈絡」を意味する言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典