スポンサーリンク

「コンテナハウス」と「トレーラーハウス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コンテナハウス」と「トレーラーハウス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コンテナハウス」「トレーラーハウス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コンテナハウス」とは?

「コンテナハウス」は、日本においては建築基準法により、建築物であるとされる住居兼物置など多様性がある建築物です。

「コンテナハウス」は、日本においては建築物ですので、建造物としての税金がかかります。

また、建物自体に強度が一定以上ないと建築基準に違反したという罪に問われます。

「コンテナハウス」の使い方

「コンテナハウス」は、海外では住居に使用し、安価な価格で人間が住む住居として使用し、日本の場合は商業利用可能な駐車場などのほか、娯楽用の専用住居に用いることが多いです。

「トレーラーハウス」とは?

「トレーラーハウス」は、日本では車両扱いになり、住居ではありません。

そのため、「トレーラーハウス」は車輪があり移動を可能とします。

かつアメリカなどの海外では、トレーラーハウスは住居としての税金がかからないため、貧困層の方が持つ住宅として機能し、どこでも設置できます。

日本の場合、どこでも設置することは認められず、他者の敷地を占有し、「トレーラーハウス」を設置することは法律が認めていません。

「トレーラーハウス」の使い方

「トレーラー」ハウスは、日本ではキャンプに使用することが多く、アメリカでは住居として固定資産税を払わないで済むための居住区として使用します。

「コンテナハウス」と「トレーラーハウス」の違い

「コンテナハウス」「トレーラーハウス」の違いは、移動可能な車両であるか立派な建築物であるかという違いで、日本では税金が異なります。

「コンテナハウス」は日本では住居ですので固定資産税があり、「トレーラーハウス」は車両税が課せられる場合があります。

その為日本では、税金という形で異なり海外でも同様に税金がかかる住居であるかそうではないかという違いがあります。

なお、「コンテナハウス」に車輪を付ければ事実上日本では車両となるため、車両税を納める形で「コンテナハウス」をあえて「トレーラーハウス」と言い切ることもできるのです。

「コンテナハウス」の例文

・『このコンテナハウスはカラオケ店にしよう』

この例は、日本国内で建築基準法が明記されている「コンテナハウス」を作りその住居をカラオケ店にしようという例です。

「コンテナハウス」は固定資産税が発生しますのでビジネス利用も同様に固定資産税を払う必要性があります。

「トレーラーハウス」の例文

・『トレーラーハウスは税金がかからなくてよい』

この例は、移動式住居である「トレーラーハウス」は、車両税だけで済むため固定資産税よりも軽いという例です。

ただ、注意すべくは、トレーラーハウスは自動車税がかからないと思っている方が多いのですが、そうではなく大きさによってはしっかりと自動車税を徴収されますので注意が必要です。

まとめ

「コンテナハウス」「トレーラーハウス」の違いは、税金にあり、「トレーラーハウス」は、車両扱いですがエンジンが搭載されていないため実質税金はかからないように見えますが、場合によっては車両税が徴収されます。

そして、「コンテナハウス」は、日本では家と同じで固定資産税が発生し、かつ耐震性がある建物であるかも検査されますので検査に合格できなければ利用価値がない建物となるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典