「コーラルピンク」と「コーラルレッド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コーラルピンク」と「コーラルレッド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コーラルピンク」「コーラルレッド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コーラルピンク」とは?

「コーラルピンク」とは「モモイロサンゴに近い色」であり、実際の色合いは「サーモンピンク」に似た色になります。

「コーラル」とは「珊瑚(さんご)」のことであり、英語では“coral”と表記します。

「コーラルピンク」という色を示す言葉は、「オレンジ系のコーラル(珊瑚色)をピンク色に寄せた感じの色」「サーモンピンクとよく似た色」を意味しているのです。

「コーラルレッド」とは?

「コーラルレッド」とは「アカサンゴに近い色」であり、実際の色味は「朱色・オレンジがかった赤色」に似た色になります。

「コーラル(珊瑚色)」の色は、オレンジ色を薄めて少し赤色を加えたような色を示しています。

「コーラルレッド」という色を表す言葉は、「オレンジ系のコーラル(珊瑚色)を赤色・朱色に寄せた感じの色」「朱色によく似た色(柑橘類のオレンジのようなフレッシュさには欠けた色味)」を意味しているのです。

「コーラルピンク」と「コーラルレッド」の違い!

「コーラルピンク」「コーラルレッド」の違いを、分かりやすく解説します。

「コーラルピンク」「コーラルレッド」もどちらも、「コーラル(珊瑚色)」と呼ばれる色の種類ですが、実際の見た目・色味はかなり違っています。

「コーラル」は英語で“coral”と表記しますが、「珊瑚(さんご)」のことを意味しています。

「コーラル(珊瑚色)」とは、オレンジ色を薄くしてやや赤みを強めた色のことです。

「コーラルピンク」というのは「サンゴの中でもモモイロサンゴに近い色・サーモンピンクに近い色」で、「コーラルレッド」のほうは「アカサンゴに近い色・朱色に近い色」である違いを指摘できます。

まとめ

「コーラルピンク」「コーラルレッド」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「コーラルピンク」とは「オレンジ系のコーラル(珊瑚色)をピンク色に近づけた感じの色・サーモンピンクとよく似た色」を意味していて、「コーラルレッド」「オレンジ系のコーラル(珊瑚色)を赤色・朱色に近づけた感じの色、柑橘類のような鮮度のある色味ではなく朱色によく似た色」を意味している違いがあります。

「コーラルピンク」「コーラルレッド」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典