スポンサーリンク

「ゴロゴロいる」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ゴロゴロいる」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ゴロゴロいる」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ゴロゴロいる」の意味

その辺にいくらでもいる。

「ゴロゴロいる」の解説

「ゴロゴロいる」は、「その辺にいくらでもいる」という意味です。

特に優秀な訳ではなく、ありふれていて絶対数が多く、簡単に見つけられる様な人や物のことを言います。

「ゴロゴロ」は、元の意味は大きなものや重い物が転がっている様子を表した擬音語です。

ここから転じて「人がだらけて寝転がっている様子」「ものがその辺に散らばっている様子」として使われる様になり、更に転じて「幾らでもあってありふれた存在」として使われる様になりました。

「ゴロゴロある」の場合は「物」に対して使われ、「ゴロゴロいる」の場合は人や動物など生き物に対して使われます。

「ゴロゴロいる」の使われ方

「ゴロゴロいる」は、その辺にいくらでもいるありふれた生き物に対して使われます。

「君の代わりはゴロゴロいる」「野良猫なら外にゴロゴロいる」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典