スポンサーリンク

「ゴールドキウイ」と「グリーンキウイ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ゴールドキウイ」と「グリーンキウイ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ゴールドキウイ」「グリーンキウイ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ゴールドキウイ」とは?

「ゴールドキウイ」とは、「甘い果物の需要が強い日本人向けにグリーンキウイよりも後に開発された、果肉が黄色のキウイフルーツ」のことです。

「ゴールドキウイ」は、「果実の外側の毛が薄い・先端が尖ったような形をしている・味は酸味よりも甘味が強い・果肉が柔らかい・ビタミンC含有量が多い(100g中、グリーンキウイは69gに対して161mg)」といった特徴を持っています。

「グリーンキウイ」とは?

「グリーンキウイ」とは、「果肉が緑色をしているゴールドキウイ以前から市場で売られている一般的なキウイフルーツ」のことです。

「グリーンキウイ」は、「果実の外側の毛が多い・全体が丸みを帯びた形をしている・味は甘味よりも酸味が強い・果肉はやや固さがある・食物繊維の含有量が多い(100g中、ゴールドキウイは1. 7gに対して3. 0g)・消化を助ける酵素アクチニジンを含む」といった特徴を持っています。

「ゴールドキウイ」と「グリーンキウイ」の違い!

「ゴールドキウイ」「グリーンキウイ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ゴールドキウイ」「グリーンキウイ」の最大の違いは、「ゴールドキウイ」「果肉が黄色で味は甘味が強い・外側の毛が薄い」のに対して、「グリーンキウイ」のほうは「果肉が緑色で味は酸味が強い・外側の毛が多い」ということです。

また栄養面・効能面では「ゴールドキウイ」は、グリーンキウイよりも多くのビタミンCを含んでいて、「アンチエイジング(抗酸化作用)・美容効果・風邪予防」などに期待できます。

「ゴールドキウイ」に対して「グリーンキウイ」のほうは、ゴールドキウイよりも多くの食物繊維やアクチニジン(タンパク質の消化を補助する酵素)を含んでいて、「便秘解消・整腸作用」などに期待できる違いを指摘できます。

まとめ

「ゴールドキウイ」「グリーンキウイ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ゴールドキウイ」とは「果肉が黄色で甘味が強く、ビタミンCの含有量が多いキウイフルーツ」を意味していて、「グリーンキウイ」「果肉が緑色で酸味が強く、食物繊維・アクチニジンの含有量が多いキウイフルーツ」を意味している違いがあります。

「ゴールドキウイ」「グリーンキウイ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典