「サバトラ」と「キジトラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「サバトラ」と「キジトラ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サバトラ」「キジトラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「サバトラ」とは?

「サバトラ」の意味と概要について紹介します。

「サバトラ」の意味

「サバトラ」とは、「猫の毛色で、グレー系をベースとして黒の縞模様が入っているもののこと」です。

「サバトラ」の概要

「サバトラ」「サバ猫」ともいい、グレーまたはシルバーの毛並に、黒の縞模様が入り、魚の「さば」に似ていることから名づけられました。

「サバトラ」の正式名称は、「シルバーマッカレルタビー」「ブルーマッカレルタビー」と言い「マッカレル」は英語で「サバ」という意味です。

「サバトラ」は、基本的に「警戒心が強い」「甘えん坊」の両極端な性格に分かれます。

これは、「サバトラ」は自然界では目立つ毛並であることから、「逃げる」「媚びる」に分かれたという説があります。

「キジトラ」とは?

「キジトラ」の意味と概要について紹介します。

「キジトラ」の意味

「キジトラ」「猫の毛色で、ブラウン系をベースとして黒の縞模様が入っているもののこと」です。

「キジトラ」の概要

「キジトラ」は、ブラウン系の毛並に、黒の縞模様が入り、鳥の「キジ」似ている事から名づけられました。

「サバトラ」「キジトラ」から変化したと言われ、正式名称は「ブラウンタビー」です。

「キジトラ」の性格は、「やんちゃ」が多く、飼い主に構って欲しくてじゃれつくことが多くなります。

これは、祖先である山猫の狩猟本能が残っているからであると言われています。

「サバトラ」と「キジトラ」の違い!

「サバトラ」「グレー系をベースとして黒の縞模様が入っている猫のこと」です。

「キジトラ」「ブラウン系をベースとして黒の縞模様が入っている猫のこと」です。

まとめ

今回は「サバトラ」「キジトラ」の違いをお伝えしました。

「サバトラはグレー系」「キジトラはブラウン系」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典