スポンサーリンク

「サポーター」と「ファン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サポーター」と「ファン」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サポーター」「ファン」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉はよく似ていますが、どのような違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「サポーター」とは?

「サポーター」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「サポーター」は、「支持者」という意味があります。

ある団体や人を支持し、その団体や人の活動を、後押しするような人たちのことを、「サポーター」と呼びます。

特に「Jリーグ」が誕生したころに、日本に「サポーター」という言葉が広まったこともあり、特に「サッカーの支持者」「サポーター」と呼ぶのが一般的になっています。

もともと「サポーター」は、欧州で生まれたサッカーファンに対する呼び名であるため、「サポーター」が、サッカー由来の言葉なのは、世界共通となります。

現在では、政党の支援者のことを「サポーター」と呼ぶこともあるなど、一般的に使用されるようになりつつあります。

「ファン」とは?

「ファン」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ファン」は、「fanatic(ファナティック)」という言葉がもとになっていて、「狂信者」「熱狂者」という意味があります。

現在では「芸能人やスポーツチームなどの、熱心な支持者や愛好者」という意味があります。

例えば、「私は、俳優の○○さんのファンです」という言い回しをしたり、「阪神タイガーズのファンになって、もう20年たちます」などという「ファン」という使った言い回しをすることができます。

一方で、一部の「アイドルファン」などには、「狂信者」「熱狂者」という言葉がふさわしいほど、熱狂的に推しのアイドルを応援している人もいます。

スポーツチームや団体によっては、そもそもの「狂信者」「熱狂者」と言われる人が多い場合もあり、このようなときは、自分がそうではないと表明するために、「私はライトなファンです」などと、「ライト」という言葉を「ファン」につけることもあります。

「サポーター」と「ファン」の違い

「サポーター」「ファン」の違いを、分かりやすく解説します。

「サポーター」「ファン」も、人や団体などを支持する人だという点には変わりがありません。

ただし「サッカーファン」に関しては、歴史的背景により「サポーター」と呼ぶのが一般的です。

また「ファン」よりも「サポーター」の方が、人や団体を支えようとする気持ちが強く、溺愛するというよりも、その人やその団体の成長のために、寄与したいという思いが強いという特徴があります。

例えば、サッカークラブが理念から外れた行動を取ろうとしたとき、苦言を呈するのが「サポーター」で、何も考えずに、支持してしまうのは「ファン」なのかもしれません。

まとめ

「サポーター」「ファン」の違いについて見てきました。

とても似た意味を持つ言葉ですが、内容にはかなりの違いがありました。

意味をよく知ることで使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典